« agosto 2004 | Principale | ottobre 2004 »

settembre 2004

30/set/04

ヨーゴ

乳製品好きにはたまらないこの味。
この地に来たらヨーゴです☆
p505is0024641905.jpg

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

29/set/04

からっぽ

家に帰ってぼーっとする。
頭を空っぽにしてみる。
こんな時間もいいです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

28/set/04

名月

中秋の名月だそう。
帰りに見えた満月は、薄い雲をかぶっていたけれど、
それでもやっぱりきれいでした。
今日は見られないって天気予報では言っていたから
なんだかラッキーな気分になりました。

月探査情報ステーションで、JAXAと語る「中秋の名月」っていうライブチャットをやっていたのでぼーっと参加してみました。
右のHPリンクにもあるとこです。
聞いて見てるだけで楽しかった。
大の大人がお酒を飲みながらお団子食べながら、月について語ってる。とっても楽しそう。
大好きなんでしょうね、月のこと。
こんなこと、やっちゃうなんていいですよね。
インターネットはすごいなー。楽しい。

月を想って空を見上げたら、ちゃんと顔をだしてました。
あなたもこの月、見てるのかなぁ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

27/set/04

さむいよ

10月中旬並みの気温てどんなことになってるのですか。
雨も降って肌寒い1日でした。
きのうの酸欠も手伝って、1日頭ははっきりしないし。
お天気悪いと体もつらくなるから困ります。
週末は晴れますように!

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

26/set/04

酸欠

本番、無事終わりました。
雨降っちゃったけど、少し涼しくなったのでよかったです。
舞台上は暑くて案の定汗だくだったけれど。
お客さんもたくさんきてくれて、オケの記録更新でした。
きてくださったみなさま、心から、ありがとうございました。
たくさんの方に聴きに来ていただいて、本当に幸せです☆
まだ頭がぼーっとしてます。やー、楽しかった!

4月から練習してきた演奏会を終えて。
これまでとは違う練習方法を身につけられた気がします。
練習三昧の日々、毎日遅くまでやってた去年までは、じっくり時間をかけてひとつずつ弾けるようにしていました。
でも、今はその時間はない。
パート練もあったけれど、数えるほどしかでられませんでした。
だからほとんどは分奏か合奏。
そうするとじっくりひとつずつって訳にはいかない。
弾けなくても周りについていく必要がある。
そこで何がわかったかと言うと、自分の中での音のイメージを明確にすることが大切だってこと。
技術はないけれど、音のキャラクターをイメージすることはできる。
ここで何が求められているのか、どんな音をつくったらいいのか。どんな音をつくりたいのか。
常に考えることで、自然と音が変わりました。
楽器を触る時間がないので曲を聴く機会を増やして、スコアを読み込む。頭の中に音を鳴らす。
もちろん、手を思い通りに動かすためにはそれだけじゃ足りないけれど。それでも効果はあったと思う。
合奏を重ねる毎に集中力が高くなるのを感じたり、集中してると弾けなかった細かいところも弾けるようになっていたり。逆に一人で小さい音で弾いてるとできなくて悔しかったり。
どんな風に練習することが効率的なのか、自分に合っているのか、それを考える演奏会でもありました。
これからの自分にとっての、大きな一歩を踏み出せた気がします。
次は12月。
これは色んな面で今回よりも大変かもしれない。
でも、頑張ります。きっとできると信じて。
音楽、だいすきです。

♪かわいいお花、おいしい差し入れをありがとうございました♪

++第5回演奏会++
ムソルグスキー/はげ山の一夜
チャイコフスキー/ロメオとジュリエット
チャイコフスキー/交響曲第5番

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

25/set/04

アンコール

今回の演奏会は長いんです。
多くのプログラムの場合、3曲プログラムで、序曲とか10分+組曲とか15分+休憩15分+交響曲とか40分くらいかな。1時間半弱くらいでしょうか。
それが今回は10分+20分+休憩15分+50分(45?)。
ちょっとですが、長い感じがします。
曲が大きいから余計かもしれませんね。
弾いていると汗だくになること間違いなしです。
お天気はどうなるのでしょうか。
雨で涼しいとは言ってたけど・・・。
降らないで涼しくなることを祈ります。

ということで、今日はG.P.でした。直前の通し練習です。
General Pauseではありませんョ。それは総休止。
最後の合わせをして、不安要素はありますが、本番は楽しめそう。
弾けないながらも気持ちいいのです。
もっと手が動けばなーって思うけど、もっと練習しておけばって思うけど、きっと今の私の精一杯だから。
やめないでよかったって思えるから。
次への一歩にするためにも、頑張ります楽しみます。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

24/set/04

読書

本を読むのがおもしろい。
東野圭吾から火がついて、行き帰りの電車の中限定で読んでいます。
今まで、戯曲ばかりを読んでいたから小説はひさしぶり。
ミステリーばんざい!

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

23/set/04

準備着々

海にはまって早2ヶ月。
ついに軽器材を揃えました!(ブーツ以外)

keikizai.jpg
じゃーん。ぱちぱち♪
マスク:TUSA M40 CLB
スノーケル:TUSA SP450Q PW
グローブ:TUSA DG3510 W
フィン:GULL マンティス イエロー
メッシュバッグ:GULL ラウンドメッシュ パステルスカイ
以上5点。
黄色のフィンには一目惚れ。
アヒルみたいでかわいいんです。
それに合うのを揃えてみました。
ブーツはSプロのが在庫切れだったので、また次回。
いやいや、なんとも楽しいじゃないですか。
早くこれで海に入りたいっ!!

帰りにインドカレー「Spice Magic」へ。
スープカレーの「マジックスパイス」とは違います。
TVチャンピオンで優勝したお店です。
ナンがさいこーにおいしかったです。幸せ~☆

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

22/set/04

そらとうみ。
どっちが広いだろう。
きっと、そらの勝ち。
どっちが深いだろう。
きっと、うみの勝ち。

そらはどこからそらなのか、きっと誰にもわからない。
だからとっても儚い存在だと感じる。
うみは、そこに水がある。
広い広い池がある。
ちょっと安心する気がする。
そこにある、それを感じられる。
それだけで安心できる。

空のような広い心をもちたい。
そう思うこともある。
でも、今の私は海のようなひとになりたい。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

21/set/04

でた・・・(涙)

いらっしゃいました。あの方が・・・。
やーやーお招きいただきありがとう。
と言わんばかりの堂々たる登場。
私の席はどこでしょう?なんて言ってるかのようなゆったりとした足の運び。
いや、招いてないし、席なんてないし、むしろ来ないで。ほんとにこないで、こっちこないで。入ってこないでぇぇ。。
とはいえ、泣いてわめいていても状況は悪くなりこそすれ、絶対によくならないので、ものすごい素早さで掃除機をとりに行きました。
ごーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
成功。パチパチ。涙。
帰って早々の大事件でした。
あぅあぅ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

20/set/04

ポンペイ

今日TBSでやっていたポンペイについての番組
とっても興味深い番組でしたね。

去年のイタリア旅行の時、青の洞窟をあきらめてポンペイを選んだ私を、たくさんの人がなぜ??と思ったようでした。
でも、浅間山の噴火を調べたとき思ったんです。
実際にこの目で見たい、と。
2000年も前の町で、どんな生活をしていたのか、何があったのか、どんな街が残っているのか・・・。
だからイタリアに行くときは必ずポンペイへ行こう、と決めていました。だから、オプションにポンペイがあるツアーを選びました。
イタリア旅行の最終日、青い海とナポリを回ってたどり着いたポンペイ。街に入った瞬間、それまでとは違った空気を感じたことを覚えています。
観光客がたくさんいて、まさに観光地な場所ではありましたが、ふと振り返ると路地から2000年前の町の人が顔を出しそうな雰囲気でした。たくさんいる野良犬も、幻なんじゃないかと疑ってしまうくらい。
鉛でできた水道管やパンを焼いていたという窯、市場の様子を描いた壁画を見ていると、当時の様子が目の前に浮かんでくるようでした。
半日だったので、すべてを見て回ることはできませんでしたが、行ってよかったです。また行きたい。
次はもっと勉強をして。

ポンペイの酒場とお風呂屋さんの浴槽。
2003_09170278.JPG 2003_09170283.JPG
すごいですよね、石を組んでつくっているのに、平らですべすべ。丸い壷まできれいに入るようになっているのですから。

帰りにちょっと上から見てみました。ほんの一角。
2003_09170284.JPG
なんだか南の島のようですね。暑かったし。

おまけ。ナポリの海からベスビオ火山を臨む。
2003_09170288.JPG
左に見えるのは卵城です。
ナポリを見て死ね、のナポリの海。ほんと、きれいでした。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

19/set/04

たぬき

ぶんぶく茶釜の茂林寺です。徳利片手に幸せそうだ。
p505is0024052068.jpg

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

18/set/04

ほっ

絃も弓も新しくてどうなることかと心配だったけど、ビオラさんは好調。毛替え直後でも滑りすぎず、新しい絃もちゃんと音を保ってくれて、しかも明るい音になりました。
びっくりしたのは発音がよくなったこと。その結果、速いパッセージもはっきり弾けるようになりました。細かい音の並びを歌えるようになったことも手伝ったのでしょう。
残る課題はC線D線の固さ。一週間でビオラさんと絃が仲良くなって丸い響きになるように、できる限り弾き込みたいと思います。防音の部屋に住みたいなぁ…。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

17/set/04

ガッチャン

今年に入っていろんな呼び名をもらってきました。
名前から、コウさん。
メガネをかけてたらハリーポッターに似てるからポッチャン。
髪が短くなって、大竹しのぶ。
パーマくるくるでアニー。
そして今日、また新しい名前ができました。

ガッチャン。

アラレちゃんにでてくる黄緑のクルクル頭の子です。
クピ?って言うあの飛んでる子です。
調べてみたら、本名はガジラ。
ゴム意外のあらゆるものを食べるらしい。
・・・何でも食べちゃうのね。あは。
かわいいからいいでしょう。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

16/set/04

替えたよ

ちょっと早めに帰途について、楽器屋さんへ。
違う弦にしようかとも思ったけれど、直前で変えて合わないと怖いからとりあえず同じのを。
ビオラさんが私のところに来てからずっと使ってる弦。
アメリカ、ダダリオ社のHelicore(スチール弦)です。
ヘリコアっていう響きが好きだったりします。
パッケージが変わったようです。
右が今まで、左が今日買ったものです。
Helicore.jpg

ビオラさんが私のところにくるまでの1年くらい一緒にやってた子は、ナイロン弦のドミナント+A線はスチールのヤーガーでした。
弦を変えると音も変わるっていいます。
確かに、違う音になります。
でも、ビオラさんに合う弦はどれなのか、試す余裕もなく結局いつもヘリコアに落ち着いてしまうのです。
ガット弦は柔らかい音が出ます。でも、実際ビオラさんには合うのか、それ以上に私に合うのか・・・と考えてしまうのです。
こんな風にして3年。
変化ではなく安定を求めてしまっています。
これじゃいかぁぁぁん!と思いつつも、だってどれがいいかわかんないんだもん、なんて言って。
この演奏会が終わったら、ちょっと試してみようかな。
ガット絃シンセティック絃ナイロン絃スチール絃。
どれがビオラさんのお気に入りになるのかな~。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

15/set/04

おかえり

楽器さん、お迎えに行ってきました。
弓の毛替えは完了。本体も問題なかったようです。
駒がちょっと斜めってたくらいで。よかった☆
残る問題はA線だぁ・・・。
本番に切れたら怖いから、替えちゃいます。
明日にでも楽器屋さんに買いに行こう。
ストックあっても錆びてたら意味がない・・・。

久しぶりに平日の昼間に外を歩いていたら、なんだか楽しくなった。
初めて通る商店街。いつもはバスだから通ることなかった。
帰りはいつもと違う道を選んで、遠回りしてバス停へ。
重い楽器さんと一緒に。
思ったよりかなり遠回りになっていて、本当に着くのかちょっとドキドキしたけれど、ちょっと暑い陽射しを受けながら感覚だけで歩くのは、気持ちいい。
久しぶりにわたしの時間が流れてた。
なーんか、こんなの忘れてたなー。なんて。

夜はカレーを食べました。
マジスパは水曜定休だから、今日はゆめや。
テリヤキチキンカレーにしたけれど、エビの方がおいしいな。
雷魚カレー始めたそうです。
・・・どんななんだろ。興味津々です。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

14/set/04

紅茶

フレーバーティーが好きです。
特にリプトンの500mlパックシリーズ。
レモン、ミルク、アップル、オレンジ、マスカット、グレープ(秋限定)、とかとか。
あと、ネスティーのTottemoシリーズ。
季節ごとにいろいろ出ますね。
ミントグレープフルーツ、杏仁ミルク、ライチ、ミルク、などなど。
Tottemoちゃんが各国を回ってました。
(Tottemoちゃん人気のおかげで、発売当時のミルクティーは製造が追いつかず販売中止になっていたんですよ。)

フレーバーティー好きな私は、新製品が出ると買ってしまいます。
特にリプトンのはどの味もごくごく飲めて好きです。
紙パックのをストローで飲むのが好きです。
今のところ失敗モノには出会ってませんね。
Tottemoちゃんのは今出てるベリーティーになかなか手が出せず、悩んでいるところ。
どの程度のベリーなんだろうか・・・。
明日にでもチャレンジしてみようかなぁ。

| | Commenti (0) | TrackBack (1)

13/set/04

Tomorrow

4年前、出会ったばかりの子に「アニー」と呼ばれた。
その頃くせっ毛のショートカットだった私がミュージカルをやっていたことを知ると、彼がアニーと呼んできた。
髪型を変えてもそれは変わらず。
もう5ヶ月会ってないけれど、久しぶりにクルクルにしたらそんな彼を思い出した。
京都をめぐった旅行を思い出した。
みんな元気かな。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

12/set/04

そうか

友達の演奏会へ行ってきた。
プログラムはチャイコフスキーの『ロメオとジュリエット』と、オルフの『カルミナ・ブラーナ』(←合唱つき)。
ロメジュリは月末の本番でやるし、私が歌をやってたことも知ってたその子から連絡をもらった。
彼はオーボエのトップ。
ロメジュリを初めて生で聴いたのは、彼に誘われて行った早稲田オケの演奏会だった。
あの時のメインはチャイコ6番『悲愴』。
初めて生で聴くその2曲に、ただ感激していたことを覚えている。
いつか私もやれたらいいな、なんて思っていた。
あれから2年。今日また彼の誘いで聴くことになった。

いいロメジュリでした。

私が今やっているロメジュリとはまた感じが違う。
盛り上げ方がうまいのかもしれない。
どこに照準を合わせるか、それはオケによって指揮者によって変わってくる。
今やっているオケでは最初からガツン!と激しさを前に出す。
今日はじわじわと襲ってくる激しさがあった。
こんなやり方もいいな、と思った。
こんな風にもできるんだ、と思った。
弾いているだけでは気付けない、新たな発見ができた。

よし。あとちょっと、できる限りのことをしよう。
そう思えるパワーをもらった演奏会でした。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

復活

くるくるっ子再来☆
4時間かかりましたが、久々の軽くるオレンジ。
明るくしたのも久々だ。前髪さんもお久しぶり。
大人っぽくなったね、って言われました。
まぁ、一歩間違うとおばちゃんパーマかも・・・。
いろいろ研究してみます。
本番までには落ち着くかな。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

11/set/04

入院

弦を替えず、毛替えもせず、調整にもだしてあげてなかった楽器さんと共に、今日は会場練習。
朝から集まり山台を組み、楽器を出して弓に松脂を塗る。
いつものように松脂を毛に当てたその瞬間・・・
・・・パチン!!
音を立てて毛が外れました・・・。
弓先の木片が取れちゃったのです。あーあー。
直前にこれかー・・・と結構焦りましたが、幸い弓を2本持ってる先輩に借りることができ、今日の合奏は無事終了。

普段通る範囲内で楽器屋さんを探そうと思ったのですが、結局前にお世話になった職人さんに、これを機にと毛替えと調整も頼んできました。
普通は新しい毛はツルツルしてて、松脂をこれでもか!ってくらいぬりまくって弾き込んであげる必要があるのです。
これがまた大変だったりして。
でもこの職人さんに頼めば退院後すぐにでも弾けるから嬉しいです。
ということで、久々の入院です。
月曜には完治するのだけれど、予定が合わず水曜に迎えに行くことにしました。
きっと「もっとかまってくれ!」という彼女からのメッセージなのでしょう。うん、頑張るよ、楽器さん。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

10/set/04

忘れてた

明日の用意をしていてやっと思い出した。
・・・A線が切れそうになってたの、忘れてた。。
今週中に張り替えようと思ってたのにぃ!
ストックしてた弦はちょっと錆びちゃって使えなくなってたから新しいのを買わなきゃ!と思いながら一週間が経ってしまいました。
買いに行ってる時間がまったくなかった。がーん。
明日は最初で最後の会場練習。
さて、どうしよう。
この土日に買いにいけたとして、本番まで2週間。
毎日楽器をさわれたとすれば、なんとか間に合う。
ううむ。悩むとこだ。
でも、このまま出たとすると本番中に切れる可能性大。
こんなになるまで放っておいた自分を反省してます。
本番怖いから張り替えよう。
なんとか毎日弾けるようにしよう。
あーあー。
あ、そいや、毛替えも調整もだしてなかった・・・。
再度がーん。
反省反省。・・・後悔。ぐすん。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

09/set/04

ごーろごろ

外でごろごろ雷がなってる。
自分の中のもやもやと、雷が不意にリンクした。
そんな、夜です。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

08/set/04

サボ

最近のサボちゃん。
トゲがだいぶたくましくなってきました。
でも、なぜか体長は変わらず・・・。大丈夫かしら。
やっぱり室内で育てるのはちょっとハードル高いのかしら。
んんん・・・がんばれサボボ!

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

07/set/04

暴風

きてますね、また。
台風はどこまでも日本列島を襲います。
やっと17号が行ったと思ったら18号が猛威をふるい。
18号がなんとか北上してると思ったら、もう19号が沖にいる。
なんなんだ、この異常気象は。

幸い、今日は雨には一度も出会わずに帰ってこられました。
今、外は暴風。
ベランダのケルベラちゃんが折れてしまわないか心配。
ジャックが飛ばないか心配。
トラノオが転がっていっちゃわないか心配。
でも、窓を開ける勇気もなく。ごめんね、緑さん。
明日の朝、無事でありますように。

台風と地震と噴火。
そして少し前の異常な暑さ。
関係がないとは言い切れないようなこの現象。
うーー怖いなーー。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

06/set/04

Zoff

赤いめがねがね、おかしくなってるのです。
ツルの部分が変なのです。
水色のはまだ元気だけど、そろそろ新しいの作ろうかなー。
今度は何色にしよう?
秋色、探そうかな。

頭もどうにかしたいし。
前髪伸びすぎ、うねりすぎ。
本番も近いし、ここらでいっちょ、変えよっかな~。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

05/set/04

季節

私の好きな季節が近い。
まだ暑い日は続くらしいけれど、
確実に秋が近くにきているのが肌で感じられる。
きのうの大雨も今日の涼しさも、次の季節への一歩。
ちょっと激しい気もするけれど・・・。
あっという間に過ぎた春と夏。
秋はもっともっと、自分にたくさん嬉しいことつくろう。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

04/set/04

マトリョーシカ

「継続は力なり」とはよく言ったものです。
やっと、やっと、今月の本番の練習に出られました。
なんだかんだで8月は全欠席(=楽器触らず)になってしまっていたので、練習前からそれはもう心配で心配で仕方ありませんでした。
指が動くか、右手が反応するか。
結果。なんとかなるもんですね。
・・・いえ、ウソですごめんなさい。。。
パッセージはめちゃくちゃでした。
今回のプログラム、激しいんです。3曲とも。
で、今日は前中合奏だったのですが、特に中プロはやばい。。
曲目はチャイコの『ロメオとジュリエット』。
この曲、何度か似たような弦tuttiの16分パッセージが襲ってくるんです。それに弓順の複雑さが加わって、ゴリゴリ系が苦手な私にとっては超難関。
せっかく合宿で習得したと思ったのに、練習しなかったからほとんどクリアされてしまってました。自業自得です。
あぁクヤシイ。やっぱり続けていなきゃだめです。
とは言え。
なぜか歌う場所は前よりうまくいきました。
楽器が助けてくれたのかな。今日はとってもいい音してくれた。
そして、前中はなんとトップサイドをいただいてしまいました。
久しぶりの1プルですが、思えば初シンフォニーのブラ1の時も、トップサイドでひぃひぃ言ってたなぁ・・・。今回もこのオケ初だし何か縁があるのかも、なんて思っちゃいました。
本番まであとちょっと、集中しようと思います。

ちなみに、今回はオールロシアプログラムです。
ということで、チケットはマトリョーシカでいっぱい。かわい~☆

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

03/set/04

濃い濃い

一週間がものすごく濃かった。
やることたくさん。覚えることたくさん。
でも、その分出来上がるものもたくさん。
自分の力になっていくのがひしひしと感じられる。
よし、この調子。
冷静を装う自分の中に、やってやる!って思う自分がいる。
このバランスが好き。
これで来週も頑張れる。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

02/set/04

浅間山

昨夜、浅間山が噴火しました。
21年ぶりの噴火だそうですが、その記憶はあまりありません。
噴火と聞いて驚きながらも大噴火でなかったと知り安堵し、私は鎌原遺跡のことを思い出しました。

知っている人は少ないかもしれません。
天明3年(1783年)、浅間山の大噴火で発生した岩なだれ。
その被害を受け、ある地区がほぼ壊滅しました。村は埋め尽くされ、逃げられたのはわずか93人。村の高台にあった観音堂などに逃げていきました。
それから200年後、昭和54年からの13回にわたる発掘調査によって、噴火時のこと、当時の村の様子がわかったのです。
観音堂では、あと30段の石段を登りきれば助かったはずの2人の遺体が発見されました。子供を背負って逃げていた親子でした。
あと30段。ほんとうに悔しかったことでしょう。思うだけで涙がでます。親子が一緒だった、ということがせめてもの救いでしょうか。
現在、調査された場所は埋め戻されていますが、調査地点を示す説明版や案内標柱が建てられています。そして、観音堂の周辺には、埋められてしまった石段が生々しく残されています。
観音堂では地元の方がお茶を出してもてなしてくれたり、遺跡についての説明をしてくれたりもします。そして発見された親子の復元された顔写真を見ることもできます。
鎌原観音堂は昭和31年、『天明3年浅間やけ遺跡』として、県の指定史跡に指定されました。

これは、私が博物館の特別展の企画を考えていた時にまとめたものをベースとしています。
実際に群馬県嬬恋村を訪ね、遺跡をこの目で見たとき、苦しくていてもたってもいられない感情に襲われたことを覚えています。
今回、それほど大きな被害とならなかったこと、本当によかったと思います。もちろん、作物への影響は少なくないでしょうが、それでも、ほっとしたというのが本音です。
自然には逆らえない。
畏敬の念を抱きながら、そんなことを改めて思いました。地震もあちこちで起こっています。天気もおかしくなっています。生物の異常発生も記憶に新しいです。
今、私達はどうしたらいいのでしょうか。心を静かにして、少し立ち止まってみる時かもしれませんね。

ちなみに、世界3大奇勝のひとつである『鬼押し出し園』は、この天明3年の噴火の時に生まれたものです。軽井沢に行ったついでに、一度立ち寄ってみるのもいいでしょうね。

| | Commenti (5) | TrackBack (1)

浅間噴火

うぁ…

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

01/set/04

Mickey

ゴリエ、もといゴリはすごい!と思うのは私だけではないはず。
ハワイ・オアフ島のマスコットガールでCDデビューするそうな。
いやー、よく踊ります。
もともとダンサーのゴリですが、こんな風に踊られるとびっくりしますよね。すっきりします。
ちなみに後ろで踊るのは全米NO.1のチアリーダーだそうです。
無駄知識でした。

| | Commenti (1) | TrackBack (0)

« agosto 2004 | Principale | ottobre 2004 »