« dicembre 2004 | Principale | febbraio 2005 »

gennaio 2005

31/gen/05

テンプレ変更

かわいいわんこのテンプレですが、見られない友達が何人かいるようなので2月から違うのにしようと思います。
と言うことでこれも見納め!
2月1日夜のエントリーまでの間、
左のわんこをかわいがってやってください☆

| | Commenti (4) | TrackBack (0)

ふと耳の奥に聴こえてきた曲。
プリンセスプリンセスの「M」。
切ない詩と、奥居香の声が好きなのです。
失恋したわけではありません。
でも、この曲を聴くとなぜか泣けるのです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

30/gen/05

わくわく

初の先生合奏。感想は。
楽しかった!!
一曲目で好きになってしまった。
初めてお会いする先生だったけれど、オケに合ってる気がした。
技術的なことだけでなく、イメージだけでなく、両方をバランスよく指摘してくれる先生。先生自身がコントラバス奏者だけあって、弦楽器に対する姿勢は今までに出会ったことのないくらい。今まで振ってもらってきた何人かの先生も同じようなアドバイスをくれたけれど、なんとなく抵抗なく受け入れられる感じがした。一言一言聞き逃したくない、そう思った。
伴奏楽器に対してすごく意識が高いから、どうやったら曲が引き締まるのか、どこにポイントがあるのか、言葉では表しにくいこともわかりやすく教えてくれる。
管楽器に対しても同じ。声がいいからわかりやすい。
おもしろいことをポロっと言って、笑わせてくれるところもステキ。言葉をたくさん知っていて、時々知らない横文字(ドイツ語だね、きっと)がでてきて、おーどうしようーと思ったりもしたけれど、雰囲気のある話し方をする。ウィットがきいている、とでも言うのか、ちょっと日本離れしてる感じ。さすが演奏家。
この人の楽器の音も聴いてみたい、そう思った。
きっと技術だけでは出せない、柔らかい音なんだと思う。
これから本番まで、数えるほどしか一緒にできないけれど、今日の楽しさに「弾けて楽しい」をプラスできるように頑張ろう。
早いところコンタクトにも慣れないとなぁ。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

29/gen/05

どきどき

いろんなドキドキ。
例えば誰かと初めて会うとき、話すとき。
そんなドキドキを楽しめるくらいになりたい。

明日は初めての先生合奏。
今回初めての指揮者の先生との合わせ。
練習不足は相変わらず。
空気に飲み込まれないように気合い入れていこ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

28/gen/05

薬屋さん(花粉症編)

オタクなわけではありません。(たぶん)
マニアなのでもありません。(たぶん)
実は…ドラッグストアが好きなのです。
帰ってきてまだやっていれば、近くのドラッグストアに足がのびてしまいます。嬉しいことに11時くらいまでやってるんです。
きのうも今日も寄ってしまい、私の側から何人もの野口英世さんが旅立って行きました。あぁ英世。あなたは何処へ。
で、毎日のように何を買ってるのかと。
考えるわけです。
一体一ヶ月にどれだけ薬局で買ってるのかと。
まぁ主なものは生活必需品なわけですが。
最近は花粉対策モノ。

キリンビールと小岩井乳業が共同研究を行った「KW乳酸菌」を使用した健康補助食品。
Kirin WellFoodsのNoaleを続けてます。
これなかなかよさそうなんです。
乳製品の大手、小岩井乳業ですよ。
去年も飲んでたけど、そのおかげか症状はだいぶ軽かったのです。

あと、キッコーマンから出ているトマトのちから
あれですね、トマトから抽出したナリンゲニンカルコンて成分が健康にいいとかいうやつ。
これもなかなか。ナリンゲニンカルコン。
同じく去年も飲んでました。

あとは、甜茶。それから杉茶。
甜茶は定番ですね。最近はペットボトルでもあるから便利。
杉茶は、お茶パック買ったけれど、それよりもやっぱり飴がいい。
メイワ薬粧株式会社てとこが出してる、杉花粉飴はおすすめ。
そいえばこれも去年からだな。
あら、群馬の会社だ。
余談。私は飲めなかったけれど、杉の枝(?葉??)を煮出したお茶を飲んでいたうちのお兄さん(すごい花粉症)は、花粉症の症状も軽くなったし、なんとお肌もつるつるになりました。
なんでしょうね、免疫がつくのかな?
どうして杉花粉を体に入れるのがいいのか、知ってたら教えてください。ぜひ。

まぁ他にも色々飲んでいたので、何のおかげで去年の症状が軽かったのかはわかりませんが、今年はひどいらしいので、結構怖い。
早くお医者さん行けばいいんですけどそれもなかなかできないわけで。てことで自分でできる限りの対策をしているわけです。

あと、最近日課になってるモノ。
それは…ケーーーーーーーーーーール。
あの青汁のケールです。はい。
これまたキリンさん。
葉っぱのミルクです。
健康のためにケール飲みたいけど、まずいからなー…と思ってる人、必見です。これ、おいしいんです。ほんと。
ウソだと思ったら飲んでみてください。
特に牛乳に溶かすのがおすすめ。
お水よりも牛乳。
おかげで調子いいです。
直接の花粉対策、ってわけではないけれど、体調がよくなる⇒体質改善⇒アレルギー症状軽減という道を辿るはずなので、これもきっといいはず。

どっちかというと、春の花粉より秋の花粉に弱いんですけどねぇ。秋のために今から対策ってのもアリかもしれないなー。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

27/gen/05

にざえもん

歌舞伎、好きなんです。
と言っても片手で足りるくらいしか生では観たことないけど。
演劇専攻だったから、もちろん歌舞伎についてもそこそこ勉強はした(はずだ)し、見てきた(つもり)。
でもでもでも、やっぱり生でみないと分からないことってたくさんあるんですよね。
と言うことで。
2月はぜひとも観に行きたい。
今まで何度そう言ってきたことか…。
もうチケットないかなー…なんて言いながら毎月過ぎていくのです。来月来月と言いながら。2月もどうなるかわからないけれど、行きたいとだけは宣言しておきましょう。
二月大歌舞伎、行くならやっぱり夜の部です。
仁左衛門でるし。
そいえば去年初めて行ったのも2月だったなぁ。
歌舞伎をまだ観ていない方、ぜひ。
かっこよくてびっくりします。

| | Commenti (3) | TrackBack (0)

26/gen/05

ぶどう

gin-no-budouきのうの話なのだけれど。
銀のぶどうのデザート専門店、銀座ぶどうの木で、ゆっくりおいしい時間を過ごしたの。
「白らら」や「衣しゃ」で人気の銀のぶどうですが、ここでは作りたてのデザートを楽しめます。
いれたての紅茶と一緒に。しあわせ~~♪

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

25/gen/05

森美女

唐招提寺展を堪能して、向かった先は渋谷。
今年2つ目のバレエ。
初の『眠りの森の美女』でした。
か、かわいい!
オーロラ姫のシェスタコワはほんとに姫。
儚げで、可憐で、美しかったー。
魔女(なのか?)の動きがおもしろくて、いろんなところの小細工がツボに入り、しばらく笑いがとまらなかったりもしたけれど。だって、呪いをかけて頭を禿げさせる、なんて誰も考えつかないから…ねぇ。
バレリーナはかっこいいな。
指の先の先まで神経を行き渡らせて、最後の最後まで伸びきる。
それができると本当にきれいに見える。
背筋がピンとしてて、細くて華奢で、でもしっかりしていて。
かわいくてきれいで豪華なステージは、また一つ私に心地よさをくれた。
チャイコフスキーは本当にいい音楽をつくってくれたわ♪

レニングラード国立バレエ-ムソルグスキー記念-
        『眠りの森の美女』
    Bunkamuraオーチャードホール

オーロラ姫  オクサーナ・シェスタコワ
デジレ王子  ドミトリー・シャドルーヒン
指揮   アンドレイ・アニハーノフ
管弦楽 レニングラード国立歌劇場管弦楽団

| | Commenti (4) | TrackBack (0)

ガンジン

行ってきたのです、行きたかった企画展。
今回こそは逃すまい!と意気込んで。

金堂平成大修理記念
唐招提寺展―国宝 鑑真和上像と盧舎那仏―

東京国立博物館平成館で、今月から始まりました。
この間TBSで唐招提寺2010プロジェクトについてやっていたので、経緯を頭に入れた上でじっくり作品をみることができました。
…大満足です。
東山魁夷のあの障壁画がみられたのは、本当に嬉しかった。
あの青、東山魁夷のいつものあの青。
なぜだか分からないけれど、初めて東山の絵をみたとき、吸い込まれそうになったのです。
今日も、ふっと引き込まれそうになりながら、ため息がでるほどの透明な色に魅せられました。
それから金堂もよかった。
仏像の前に立つと、なぜだかズンと心に響く何かを感じる。
それはいつものこと。
信仰とかそういうのは関係ない。そんな気がする。
だって、ピエタを前にしても同じような重みを感じるから。
なんだろう、この感じは。
静かな眼で見つめられると、思わず目を閉じそうになる。
えもいわれぬ感情を押さえながら、それでもやっぱりみたいと思う。
昔の権力者たちが偶像崇拝を禁止した理由もわかる気がする。

と、語ればきりのない今日の企画展でした。
あぁ~~~楽しかった!

| | Commenti (3) | TrackBack (0)

24/gen/05

時間

あっという間に過ぎちゃって、もう1月も後半。
いつの間に、こんなに時間が早く過ぎるようになったんだろう。
自分がちゃんと時間を大切にしているか、最近はよくわからなくなる。
でも。
何もしない、何もすることのない、すっからかんの時間じゃない。
ぎゅっと何かが詰まってる、そんな気がする。
毎日必死。
手はささくれだらけだけど、往復の電車は爆睡だけど、頭回らないこともあるけど、それでもなんだかいい感じ。
朝はちゃんと起きられてるし。
野菜ジュース毎日飲んでるし。
葉っぱのミルクも飲んでるし。
お天気の日には洗濯もできるし。
ホームページも丸1周年だし。(関係ないか?w)
もっともっと自分に栄養、あげるんだ。
すくすく育て、私のこころ。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

23/gen/05

極楽

おとといに続きマジスパへ。初めて写真を撮ってみました。
だいぶ赤くなっちゃったけど、これは店内の赤い照明のせいです。
今日はおとといの悶絶より2ランク上の極楽。やっぱりおいしい☆
p505is0032178530.jpg

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

22/gen/05

嬉しい知らせ

大学オケ仲間が、久しぶりに集合。
カナダと中国に行っていた2人のお帰りパーティー。
久しぶりにみんなで集まって、わいわいわいわい。
みんなそれぞれの道を歩いてて、それでもこうやって会えるのは嬉しいなぁ♪なんて思っていたら、さらに嬉しい報告が。
カナダ帰りのあの子が、なんとけっこん。
幸せそうな彼女の顔を見ていたら、私まで嬉しくなっちゃって、いろーんなことが頭をぐるぐる。
春には日本を離れるって聞いて、ちょっと淋しくなったけど、でもでも今はすごく嬉しくて。
心から おめでとう を贈ります。

ここのところ周りに嬉しい話が多くて、私もハッピー☆
幸せは、降らせるものだね。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

21/gen/05

いい時間

マジスパ5回目。
前回が6月だったからほんと久しぶり。
久しぶりのためどこまでいけたのか忘れ、無難に悶絶。
ポーク角煮+ゆでたまごっち&バナラッシー(毎回)。
相変わらずおいしい。
でも、前ほど辛いわけでもなく、もっと辛くていいと思った。
ら。
すでに極楽までいけてたことが判明。
あの時はかなり汗かいた気がする。
今日はちょうどいい感じに辛く、おなかいっぱいに。
ただお店を出るころにはすっかり冷めてたから、外の寒さに凍えそうになったよ。寒かった。
次は極楽にしよう。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

20/gen/05

月の齢

パソコンの壁紙を月齢カレンダーにした。
つきの満ち欠けが好き。
細くなって新月になって消えちゃっても、
必ずまた満月の日がくる。
その確実さが安心をくれる。
逆のこともあったけれど。。。
そんな私の携帯の壁紙は、月齢13の月。
まだまだ満月になれない。
ううん、まだまだ限界じゃない。
そう思わせてくれる月。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

19/gen/05

アオ

空にあるいろんなアオ。
夜の、静かな深いアオもいいけれど、昼間の明るいアオも、やっぱり時には必要みたい。
明日は空、見上げてみよう。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

18/gen/05

睡眠

寝ることってとっても大切。
動物は、具合の悪いときにはよく眠ります。
猫や犬を見ているとよーっくわかります。
人間もそんな気がする。
だからおいしいもの食べてゆっくり寝れば、体は休まってくれる。
心も一緒に元気になってくれる。かもしれない。
眠れなかったら、横になっているだけでもいいんだって。

あなたの元気な姿を見られて、明日も頑張ろうと思えた今日でした。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

17/gen/05

おでん

おでんのおいしい季節です。
近くのローソンでは、5種類のおでんが50円です。
わたしの好きなとり軟骨つくねも50円です。
大根も、しらたきも。
おいしー☆
お昼にもおでん、食べられればなぁ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

16/gen/05

ひやりひやひや

初合奏。
ローエングリン・皇帝円舞曲・狂詩曲スペイン・展覧会の絵。
今回はモルダウは弦楽器の負担を考慮してカット。
かなり無理矢理だったけど、とりあえず4曲通しに成功(?)。
そんな今日の感想。

寒かった。

今日は某小学校の講堂での練習。
暖房が弱すぎて上の方しか暖まらず、結局最後まで寒い寒いと言いながらの練習だったのです。手も冷えるし楽器も冷えるし寒い寒い。
しかも、高弦(ヴァイオリン・ヴィオラ)はコートはおろか、マフラーをすることも不可能。首回りに何かあると楽器を構えられないから。
一昨年までは寒い外で練習したりもしていたので、免疫もついていたけれど、久々だったからちょっときつかった。風邪をひかないように気をつけねばと思ったのでした。ホッカイロの出番かしら。
冷えた指先で弦をはじいたものだから、すでに指先はひどく痛いけれど、これも生みの苦しみ(?)。
鍛えて鍛えて硬くするしかないのです。右手も左手も。
スペインのリズムにも、ローエングリンの速さにも大分慣れてきたから、あとは左手と移弦とetc...課題は山積み。
同じ年の仲間も増えたことだし、頑張ります♪

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

15/gen/05

1月15日

さすが1月15日。
さすがセンター試験の日。
毎年お天気の悪い特異日。
私の時も雪だった気がする。
よくまぁここまで毎年。

今日は3時まで寝てました。
睡眠てものは本当に大切なんだなぁと。
ラップが終わったから買いに行かなきゃだったけど、
外は冷たい雨だし。寒いし。。。
結局行かずになんとか済ませる。

オリーブオイルチップ(レモン味)を初めて食べてちょっと感動。
おいしかった。厚切りポテト。

そんなこんなで今日も引きこもり。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

14/gen/05

満腹

久しぶりにラーメン食べました☆
おいしかった~♪
食べるのに夢中で写真撮らなかったから、
また行くことにします。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

13/gen/05

うっわーい

今日という一日は、本当に濃い一日。
朝から晩まで濃い一日。
いいことも、悪いこともあった一日。
最後にたくさん笑えたから、明日も頑張れそう。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

12/gen/05

戦利品

やりました。世界の珍味詰め合わせ、もらいました。全部値段シール付きですが(笑)しかもVILLAGE VANGUARD(笑)さきいかチョコとかドリアンチップとか。…怖いよ。。p505is0031719771.jpg

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

11/gen/05

ほし

遅い帰りでしたが、空見上げたら星、星、星。
空がきれいな季節。
彗星は見つけられなかったけれど、はっきりした強い光にパワーをもらったような気がします。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

10/gen/05

タカタカタカ

大曲3曲の合わせ。
いやはや、大変でした。
16分音符のうねうねがずーっと続くモルダウ。
リズムの複雑な狂詩曲スペイン。
細かい音と弓の持ち替えが忙しい展覧会の絵。
…疲れました。脳を使ってきました。
弦分奏だったこともあって、余計に難しかったのでした。
でも今日の練習で目標ができました。
・確実なポジション移動(基本の形を前後にずらして、例えば薬指の位置に人差し指をもっていく動き)
・正確な2拍3連(2拍子の中に3つ音を入れるのです。右手が2拍子で、左手が3拍子、みたいな感じ)
・素早い頭の切り換え(曲によってまったく音色やリズム感が異なるのでかなり重要&難しい)
よく考えたら、本番まで4ヶ月しかないことに気付きました。
4ヶ月…き、きびしぃ。。
とは言え、やるしかないのです。
悠長に構えてる暇はありません。
次の日曜はいよいよ合奏。
管打の迫力についていけるよう、イメトレイメトレ。
今週も土曜は引きこもりだ~い♪

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

09/gen/05

唐招提寺

唐招提寺2010プロジェクト
これはすごい。
解体することで、いろんなことが分かってきました。
そういえば、2001年の秋、研修旅行で唐招提寺を訪れましたが、その時すでに解体が始まっていました。
観られるものは少なかったけれど、修復が完了したら必ずまた訪れようと心に決めたことを思い出しました。
金堂がどんな経緯をもって建てられたのか、建立当時、どのような形をしていたのか、誰が、いつ建立したのか。
今、それらが次々と解明されています。
技術の進歩とともに、わかってくることも多く、1200年前の人の存在がすごく近く感じられて、不思議です。
如宝、鑑真の信念が、1000年以上経ってもなお伝えられる、とてもすごいことだと思います。

唐招提寺は解体が終わり、今年から組み立てが開始され、2009年に完成予定だそうです。
復元されている寺社は多くありますが、みな鮮やかな朱が見事。唐招提寺もまた、鮮やかな朱で彩られていたようです。完成したとき、どのような朱を見せてくれるのか、楽しみです。

これに関連して、12日から東京国立博物館の平成館にて唐招提寺展が始まります。見所は鑑真和上坐像と東山魁夷の障壁画。金堂の再現、盧舎那仏坐像など。そりゃもう国宝がズラリ、です。
詳しくは東博のHPへ。
3月までだからと言って油断していると見逃すので、混雑覚悟で土日に行きます。早め早めに。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

08/gen/05

はくちょう

バレエ、観てきました☆
そういえば去年も行ったやつでした。あの時は前から10列目くらいで、ダンサーの顔がはっきり見えた。
2度目のはくちょう、今日は後ろの方の席から。
オデット(オディール)は、スヴェトラーナ・ザハロワ。
ボリショイバレエのトッププリマだそうです。
手足は細くて長くて色白で、とっても美しくて、これぞプリマ!って空気をかもし出してました。なんて言えばいいのか、、、華があるとでもいうのでしょうか。すごくきれいでした!!
数え違いがなければ、36回転。完璧にやってくれました。
すごいすごーい!!
4羽の白鳥はやっぱりかわいかったし、ロットバルトはかっこよかったし、満足満足大満足!
管弦楽団を振るのは、アニハーノフ。
あのアフロ系の指揮者さんでした。
すごーくいいものを観られて、聴けて、今年もいい年になりそうだ~と思ったのでありました♪

p505is0031523103.jpg
オデットの衣装。かわい~☆

レニングラード国立バレエ-ムソルグスキー記念-
      『白鳥の湖』~全3幕4場~
     東京国際フォーラム ホールA

オデット(オディール) スヴェトラーナ・ザハロワ
ジークフリード     イーゴリ・ゼレンスキー
指揮   アンドレイ・アニハーノフ
管弦楽 レニングラード国立歌劇場管弦楽団

| | Commenti (8) | TrackBack (0)

揃った!

『展覧会の絵』の楽譜が届きました。
これで全部揃いました!!!
今回選ばれたのは「カタコンベ」「鶏の足の上の小屋(バーバ・ヤーガ)」「キエフの大門」の3曲。
他にも6曲やるから、さすがに全曲はできず抜粋です。
早速月曜に合わせ。
間に合うのかな~。
ついていけないのは明らか。
とは言え、弾けないのは悔しい。
むむ。こりゃ日曜は弾きこまねば♪

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

07/gen/05

虫歯ゼロ

歯を食いしばる。
久々だった。私も少しは成長できてると思いたい。
スポーツする人は歯が強い方がいいらしい。
食いしばると普通以上の力がでるらしい。
スポーツ以外でも普通以上の力、出そうだな。
うん。虫歯ゼロ、これからも。

| | Commenti (4) | TrackBack (0)

06/gen/05

快挙!

すごいです!!!
コンタクト、今日は14時間も入れていられました!
すごい!きのうまでは長くて4時間だったのに。
今日は体の調子がよかったんでしょうね。
毎日好調、目指します☆
眼科の先生が言ってたことは本当かもしれない。
「これなら入れていられそうだね」
削ってもらってよかった~♪
気長にトレーニングです!

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

05/gen/05

さぶい

おっそろしく寒い朝。
思いっきり着込んで出かけました。
着膨れ1号出来上がり。
また風邪ひくわけにはいかないんです。
だから見た目は二の次です。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

04/gen/05

指揮者について思うこと【1】

よく聞かれること。
指揮者って必要なの?

よく考えます。
指揮者ってなんだろう、って。

答えなんてわからないけれど、
思ったことちょっとずつ、書きためます。
今日は演奏者からみた指揮者のはなし。

オーケストラは大所帯。
それぞれが好きなように弾き始めたら、
曲はそれとして成り立たなくなる。
パートが揃ってやっと、厚みのあるいい音ができあがる。
指揮者はそのために、必要な人。
たくさんの演奏者が、同じ方向を向いて同じ音をつくろうとするには、それを導いてくれる人が必要。
楽譜通りに演奏したらいらないんじゃないか、って思うけれど、
そううまくはいってくれないのが音の怖いところ。
人の気持ちやイメージが、そのまま表れるのが楽器。
魅力でもあり、怖いところでもある。
やだなって思ってれば、いやな音がでる。
嬉しくて、楽しいときは、思ってもなかったような優しい、
柔らかい音がでる。
楽器は正直。
だから、ひとつのフレーズを、夕暮れにとぼとぼ歩いている老人、
とイメージすると、不思議とそんな音になる。
ドイツの壮大な自然、雲のすきまからすーっと差し込んでくる光、
舞踏会で踊る貴族たち、きらきら光りながら流れる川の水。
指揮者ってそんなイメージをたくさんもっていて、オケの全員が同じことをイメージすると、それが積み重なってひとつの音ができあがる。
と、思うこと。
演奏者全員のイメージをふくらませてくれるのが指揮者の仕事のひとつなんじゃないかなぁ。

| | Commenti (4) | TrackBack (0)

03/gen/05

人生は歌とシャンパンと…

究極の選択。
あれやこれやと悩みましたが。
行ってきました!

   ~ソフィア国立オペレッタ劇場~
喜歌劇 『こうもり』 全3幕 ドイツ語上演
at 東京国際フォーラムホールC

初のこうもり。
よかったです!!
笑いました。喜劇はいいわ。底抜けに明るいし、衣装も豪華でいい!キャストも納得。みんないい声してるわ~。
序曲だけ演奏したことがあったからフレーズ自体は体に残ってて、すっと入っていけました。
序曲って作品全曲のいいとこ取りだから、それだけでストーリーになっているんですよね。
それが如実に感じられて、楽しくなりました。

それにしてもシュトラウス。
ずるいくらいです。
自分の曲を、バレエのシーンで散りばめて。
『こうもり』観に行ったのに、「春の声」はあるわ、「ラデツキー行進曲」はあるわ、もうシュトラウス一色♪
さすがワルツの王です。
2005年、滑り出し好調。
去年はあんまり行けなかったから、今年はもっと音楽三昧の一年に。
あ、ラデツキーと言えば。
今年のウィーンフィルのニューイヤーコンサート(マゼール指揮)では、ラデツキーは演奏されませんでした。スマトラ沖地震の被災者への配慮から、とのことでした。残念だったけれど、その気持ちが伝わってきました。逆に力を与えてくれる曲じゃないかな、とも思うけれど、今回のことを誰もが忘れずにいられれば、と思います。
と、そんな時のラデツキーでもあったので、ウィーンフィルではないけれど、新年の気分を感じました。

それから蛇足ですが。
迷ってたニューイヤーコンサートも、かなり楽しかったようです。
来年こそ行くぞ!!

| | Commenti (2) | TrackBack (1)

02/gen/05

大変!

ニューイヤーコンサートのチケットを買ったあと、同じ日のオペラのチケットが手元にあると連絡が!時間も近いから両方は行けないし…。究極の選択、さて私はどちらに行くのでしょう。嬉しいけど、残念。贅沢な悲鳴だわー。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

熊じゃなくて

この子が犯人か…。
脱走時の足跡と思われます。p505is0031261010.jpg

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

熊?

凍ってつるつるの裏の道で、
でかい足跡発見しました。
…これは熊ですか?!p505is0031457622.jpg

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

01/gen/05

脱走犯

新年早々脱走しました。
雪の上を嬉しそうに走り回ってるところをなんとか捕獲。でかいから大変。
この表情は反省してるのかな?p505is0031064398.jpg

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

2005

Felice Anno Nuovo!
きれないな月と満天の星を見上げながら、ボレロを聴きながらの年越し。
今年も嬉しいこと幸せなこと、たくさんつくるのだ☆

| | Commenti (4) | TrackBack (0)

« dicembre 2004 | Principale | febbraio 2005 »