« aprile 2005 | Principale | giugno 2005 »

maggio 2005

31/mag/05

5月

あっと言う間。

って、毎月言ってる気がしますが。
同じような日を過ごしているようで、でもまったく同じ日なんて一日もなくて、特に土日なんて学生のときには分からなかったくらい濃くて。
時間、大切にしようって思える。
6月、また本番あるけれど、練習しきれてないけれど、楽しめるように今がんばろうぅ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

30/mag/05

あめ

あめ。だ。
気分的には、雨はきらいじゃない。
が、しかーし。
やっぱりぬれるのはちょっとつらい。
電車の中の傘なんて、自分も周りもぬれてしまう。
そんなことを思いながら、朝電車に乗り込んだ。
と、なんか足が冷たい。
見ると、隣に立ってたお兄さんの傘のしずくが、私の足にポタポタたれていました。
おかげで目が覚めました。
梅雨も近いなぁー。
かわいい傘を見つけよう。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

・・・

ありえないです。
せっかく書いた記事が、、、保存しようとしたら消えてしまいました。
長かったのになぁ。。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

29/mag/05

緊迫感

練習を途中で抜け出し向かうは紀尾井ホール。
楽しみにしていた『ヴィオラスペース』でした。
ヴァイオリンやチェロに比べると、マイナーといわれるヴィオラですが、その魅力は奥が深いのです。
人の声に一番近いとも言われますね。
いぶし銀、なんて形容もされたりして。

ヴィオラスペースは、世界で活躍する今井信子さんを始めとするヴィオリストが集まるイベントのようなコンサート。
客席にも、有名なヴィオリストがいらっしゃってました。
それは、皇太子様。
それだけでなぜか会場が和やかな空気になっていました。
不思議です。

コンサートはすごい迫力でした。
特に最後の曲。
作曲者のバルカウスカスさんが来日していて、開演前にはプレトークもありました。奥様は音楽学者だとか。
「さくら」のフレーズも聴こえてくる、その音楽は、緊張感たっぷり。
今井信子さんの音の深さに感激し、パーカッションの派手さに驚き、桐朋オケの音の厚みに鳥肌まで立ってました。
すごい、その一言に尽きてしまうほど。
とっても楽しい時間でした。

『NTTリース創立20周年記念 ヴィオラスペース2005東京』

=プログラム=
J.S.バッハ : シャコンヌ
グリゼイ : プロローグ
ヒンデミット :
   無伴奏ヴィオラ・ソナタ 作品25-1(生誕110年記念)
ベートーヴェン : ノットゥルノ ニ長調 作品42
ドヴォルザーク : 森の静けさ 作品68-5
バルカウスカス :
   ヴァイオリンとヴィオラのための二重協奏曲 作品122

出演: 今井信子/川本嘉子/清水直子/
    店村眞積/ガース・ノックス/豊嶋泰嗣

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

28/mag/05

極める

予定がない土日は家にこもってぼーっとすることが多い。
が、今日はこの間の演奏会の反省会。
普段の土日より、頭つかってきました。

今回は、演奏側もすごく楽しかったし、お客さんも楽しんでくれてたから、「大成功」だったんだろうなー。と思いながらも。
実際、曲数が多くて、どれもそれなりの演奏になっちゃったのかも。
…なんて反省というか、なんというか。
曲数が少ないからって完成度が高くなるとは限らないけれど、やっぱり多くなればなるほどその分やるべき課題は多くなっていくわけで。
いろーんな色の曲を一度にやるのって、とっても勉強になるし楽しいんだけれど、それはそれで極めることが難しくて。
どっちがいいんだろう、って。
弦楽器って、管楽器ほど、無理!っていうことがなくて、どの曲になってもなんとかなっちゃったりするもの。
それは人数がいるから、っていうのもあるけど、練習重ねるとなんとかできるようになっちゃうっていうのが大きい。
去年の秋も今回も、どうなることかと思ったけれど、なんとかできるようになっ(たような気がし)たし。チャイコのロメジュリとか、絶対無理。って思ったけど、なんとかついていけたんです。
だから、できないことはない。
難しい曲がちゃんとできると嬉しいし。
でも。
曲が少ない時こそできることもある。
スコア読み込んで研究したり、その曲の成り立ち調べたり、どう弾いたら一番いい音がでるのか研究したり。
こういうこと時間かけてやると、音が変わってくるのです。
そういうのも、やりたいなぁとか。思うのだ。
学生の時、毎日楽器さわって、きのうより音がよくなった、って嬉しくなったこととか、図書館にこもって作曲家の生い立ちを調べて、楽譜に込められた気持ちを想像したこととか、そんなこと思い出して、ひとつの曲に力を入れるのもいいなぁと、改めて思ったのだ。

このオケでの次回の本番は年明け。
ありそうでない時間のなかで、どこまでできるか。
すべては自分次第。
よし。CDとスコア、揃えよー。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

27/mag/05

ボヘミア

来月本番の演奏会。
練習初参加してきました。
予定より遅くなって慌てて行ったものだから、暑くて大変。
やっぱり楽器は重い。軽いケースに替えようかなぁ。
練習部屋についたらちょうど前半が終わって休憩中。
あぁーこの雰囲気、メンバーはかわっても、変わらないなぁ。
なんてしみじみ。卒業して、このオケでは3度目の演奏会。
なんと。モルダウやります。
この間本番を終えた演奏会でもやったモルダウ。
これって結構つらくって、とても怖くなるのです。
指揮者やオケによって解釈やテンポが違うから、気を抜くとこの間のモルダウになってしまうんじゃないかと。
今日は前半にモルダウだったから、惜しくも参加できず。
次回の練習が勝負です。

てなことで、今日はボヘミア参加。
エンドレスで曲を聴いて譜読みをした甲斐があったのかなかったのか。少なくとも、自分のできなさを確認することはできました。
課題はフィンガリングとボウイング。
基礎の基礎です。
あとは、音のスピード。初速を上げることがキーかもしれない。
音の立ち上がりをよくしたら、きっと弦のメロディもかみ合うはず。
そのためにも、左手強化です。
少しでも音の厚みに貢献できるように、頑張ります。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

26/mag/05

譜読み

本番までもうあと1ヶ月ない。
のに。のにだ。
楽器を思いっきり弾けず、ミュートをつけての練習。
防音室が欲しいです。
思い切り弾けないから、やっぱり身についてくれなくて、仕方がないから耳だけは、と譜読み譜読み譜読み。
今できることはこれだけだから、今は譜読み。
本当はもう譜読みなんてずっと前に終わってなくちゃいけないけど。
言い訳してても進めないから、今できることをやる。
それだけ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

25/mag/05

メロメロ

最高にかわいいサイト発見。

WAN SCENE

写真家 角田国宏さんのサイトです。
もともと、なまけ日和さんのマックスくんをかわいいなぁと思ってお気に入りに入れていたのですが、そのマックスくんを撮っていたのが角田さんでした。
わんこ大好きの私にとってはもう大変。
脱力です。

と、リンクからリンクにとんでいたところ、こんなサイトも発見。
ペットリンクス

ここでハコフグを飼っている人発見。
フグWeb
ミナミハコフグ(yg)ちゃんとは、いつか海の中でご対面したいものです。一度、チャンスはあったのだけれど、私が見つけられなかったのよねぇ。

あぁもうメロメロです。
ということで、我が家のわんこ初登場。
nana
かわいすぎます。
今度にゃんこも、登場させちゃおうかしらー。

| | Commenti (4) | TrackBack (0)

24/mag/05

一歩

まずは一歩。
あとは運を天に…

任せないで地道に一歩ずつ頑張ろう。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

23/mag/05

ばったり

この路線を使っていれば会う確率は高い。
のに、1年以上使ってて初めて会ったよ、ばったりり。
声をかけてもらわなければ、気付かなかったわ。
いやー、ぼーっとしていられません。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

22/mag/05

挑戦

外国語を使いこなすのはほんとに大変だわ。
P505iS0044040456

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

21/mag/05

てくてく

いつもよりたくさん歩いていい感じに疲労。
今日はぐっすり眠れそうですわ。
やっぱり運動は必要ですねぇ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

20/mag/05

楽しい時間とおいしい食事。
今、すべてがいいことばかりじゃないかもしれないけど、楽しいって思えるのは幸せなこと。
こういう幸せは、やっぱり一人じゃ味わえない。

空気がすっかり春になったね。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

19/mag/05

ぎゅー

初めて仙台に行ってきました。
ということで、仙台に上陸の際には確実に押さえるべきモノ、
牛タンをいただいてきました。
肉厚でおいしかったー!
もちろん完食したのでありました。
次は観光もしたいなぁ♪
p505is0043909382.jpg

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

18/mag/05

100%

果物アレルギーなんてもののため、ほとんどの果物が生では食べられない。火を通すと食べられるものが一気に増えます。りんごなんて、アップルパイになってないとダメ。
缶詰になってると大丈夫だったりするから、ゼリーなんかも大丈夫。でも、100%のジュースはアウトー。飲んだすぐ後に、喉がかゆくなってしまうのです。だから、お店でも注意が必要。不用意にりんごジュース、なんて頼んじゃうと100%だったりしますからね。自己管理が必要です。
かゆくなる時は、喉が内側に腫れてしまっているらしく、我慢して食べちゃうと呼吸困難になりますからねー、とお医者さんには言われています。いつになったら克服できるんだろうか。うーむ。生果物、食べたいぞ!

と、そんな私が最近毎日飲んでいるのがポンジュース

pon 柑橘系なら飲めるのです。
 ビタミンCとビタミンA摂取でございます。
 やっぱり100%はおいしいねぇ。
 ポンジュース、箱買いしようかしら。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

17/mag/05

おひさま

花粉が去ってくれました。
ということで。
家で洗濯ができる!!!
外に干しても大丈夫!
ランドリーもふわふわで魅力的だけど、
やっぱりお日様の匂いはいいものです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

16/mag/05

一から始める

新しいことを始めるかもしれない。
同じ年代の子がつくっているオケから、声をかけてもらった。
知っているだけでも、すごい腕を持っている人ばかりのオケ。
大学オケってそれぞれの大学で色が違って、比較的おとなしいオケでやっていた私は引け目を感じてしまうのだけれど、こんなチャンス滅多にない!ということで首を縦に振ってしまったのでした。
さて、どうしたものか。
この夏は、忙しくなりそうだー。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

15/mag/05

全力

ワーグナー 「ローエングリン」第三幕への前奏曲
JシュトラウスⅡ 皇帝円舞曲
バーバー 弦楽のためのアダージョ
スメタナ 「我が祖国」よりモルダウ
シャブリエ 狂詩曲スペイン
マスカーニ カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲
ムソルグスキー・ラヴェル 展覧会の絵より
  カタコンブ、バーバヤーガの小屋、キエフの大門
エルガー 威風堂々

無事、成功いたしました。
曲もたくさんでした。弦楽器は全曲。
12月に練習を開始して約5ヶ月。
長いようでいて、でも練習日は少なかった。
あっと言う間に今日がきてしまって、不安もあったけれど、きのうのG.P.と今日のステリハでいい演奏会になるだろうなんて思って、余計な力をいれずに楽しく演奏できました。
学生の時には色々な理由からできない曲が多かったので、今回はいい勉強になったし、弾いていても楽しかった。
金管・打楽器の響きがまだ頭に残ってます。
ちょっとの間この余韻に浸って、また来月の本番に向けて進みます。気が抜けないけれど、楽器のためにもその方がいいのかも。
楽しい時間をありがとう。最高でした。
このオケに入ってよかった、そう思えた今日でした。

明日は、筋肉痛になりそうだなぁ。


0515-ob-rose unazukin 0515-ob-mon


今日もまた、たくさんの人に、ありがとう。

| | Commenti (7) | TrackBack (1)

14/mag/05

わーくわーく

これでもか!ってくらい、楽器があった。
派手なこと、この上ない。さっすが展覧会の絵。
金管の音に、鳥肌が立ちました。
今回、打楽器にはみたことない楽器がたくさん。
あれ何?って聞いても、弦楽器の人は知らなかった。
いい機会だ、スコア見て勉強しておこう。

明日に迫った本番。
普段と違った演奏会になること間違いない。
お客さんも演奏者も、楽しめそうなコンサート。
こういうやり方、アマオケでは少ないかもしれない。
そう思うと、明日がくるのがちょっと寂しくなったりして。
満足できるように、たっぷり楽しもうっ。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

直前

本番が迫ってます。
ついにG.P.です。
ドキドキ。
久しぶりに会ったあなたは、日曜まで公演。
それでも、行けないと分かっていながらも、行く!と言ってくれたこと、私にとっては大きな力になりました。
よし。頑張ろう。楽しもう。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

13/mag/05

ことばの威力

一番後ろの席だったのに、舞台がすごく近くに感じた。
前に座っても遠く感じることなんていくらでもあるのに。

一時間半、暗転ナシ、二人だけの芝居。
舞台にあるのは一つの机と二つの椅子、照明がつくる影。
そしてテープレコーダー。
二人の声以外に聞こえてくるのは、静かな時計の音。
そんなシンプルな舞台。
期待以上だった。

ことばが映像になって頭に飛び込んできた。
独白から、その光景がイメージできすぎて怖くなった。
気付かないうちに口にした一つのことばが心の奥を引き出す鍵になっていたり、自分ではわからなくても相手には見えてしまったり。
そんなこと、日常生活でも、あるのかもしれない。
誰もそれに気付いていないだけで。

ことばに焦点をあてた卒論を書いたことを思い出した。
せりふ・ト書きと、会話・地の文は違う、とか。
芝居のことばと日常のことばは違う、とか。
今日は、芝居で地の文を聞いた気がする。
本を読んでいるような不思議な時間。

からっぽの状態でそんな二人芝居を観て、
たくさんのことばに出会って、自分の心が動くのが分かりました。
うまく言葉にできないけれど。
観に行ってよかった、そう思える公演。
最初から最後まで、私も真剣に向き合いました。
ありがとう。
白と青の花束は、今日のあなたのイメージでした。
新しく動き出したあなたへ。
これからも、かわいいお花持ってかけつけます。

シアターパレス 旗揚げ公演
    『沈んだ仮面』
   at 遊空間がざびぃ

最後まで机に残ったテープレコーダーが、何か言いそうに見えました。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

12/mag/05

あたり。

電車に乗ったらアリナミンAのつり広告。

連休明けの一週間は、とてつもなく長い。

その通りのようだ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

11/mag/05

楽しみ

スペイン語、始めたんだ。

そう言って覚えたフレーズを嬉しそうに話す。
そんな彼を見ていて思い出したこと。
私も始めたときは楽しかった。
でも、時間がないからって言い訳をして、結局勉強は進んでいない。
楽しい、っていう気持ち、忘れてたのかも。
やらなくちゃ、っていう気持ちに負けてたのかも。
楽しんでいこうー。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

10/mag/05

便り

イタリアに旅行に行っている友から、ハガキが届いた。
おいしいもの巡りをしているらしい。
元気に楽しんでいるらしくて何より。
彼の行動力にはいつも驚かされます。
イタリア、初めての一人旅からもう2年経つ。
そろそろ、行きたくなってます。
次行く時は、フィレンツェ中心にしたいな。
小都市巡りもいいな。
夢は広がるばかりですわ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

09/mag/05

うた

無性に歌が歌いたくなってきました。
歌から離れて早3年。
楽器と両立できずに結局離れちゃったけど、やっぱり歌いたいという気持ちはあって、最近よく思います。
どっかのコーラス団体にでも入ろうかしら。
ア・カペラチームつくろうかしら。
このままじゃ、声もでなくなっちゃうわー。
らららー。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

08/mag/05

オペラ座の怪人

今日は母の日。
行ってきました。劇団四季のオペラ座の怪人。

 劇団四季『オペラ座の怪人
作曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー
作詞:チャールズ・ハート
日本語台本、演出:浅利慶太
翻訳:安東伸介
 -キャスト-
オペラ座の怪人:高井 治
クリスティーヌ・ダーエ:佐渡寧子
ラウル・シャニュイ子爵:佐野正幸
@電通四季劇場「海」

浅利慶太様様です。
こんな舞台をつくってしまうのだから。
すごく豪華で、迫力満点。
大道具、衣装、小道具に至るまで妥協ナシ!って感じでした。
すでに映画を観ていたのでちょっと先入観がありましたが、ほっとんど同じなんですね。舞台になっても。
主要3役の歌はさすが。
佐渡さん、エミー・ロッサムにも負けませんよ。
四季は、なんというか全員がすごく高い歌唱力と演技力(ダンスも)を持っています。四季なんだから当たり前と言ったら当たり前なのかもしれないけれど、やっぱりすごいと思うのです。
ほとんどの人が音大・芸大出身。
小さい頃からバレエをやっていたり。
実力主義の世界です。
気を抜いたら代わりはいくらでもいる。後ろにはすぐ控えているのです。「プロ」ってやつですね。すごいです。ほんと。
オペラ座の怪人は、特に最近は映画化されたこともあって知名度はすごく高い。それだけに、最初の形である舞台への期待も大きいんだと思う。それも、日本一の劇団四季ですからね。
その期待を裏切らない、いい舞台だったと思います。
心から、満足です。

家に帰ったらタイムリーなメールがきてました。
イタリア語版です。
(音が出るので注意)
あー、イタリア語吹き替え版も観たいなぁ。

| | Commenti (0) | TrackBack (1)

07/mag/05

体力確認

本番一週間前。今日はほとんど全曲の合奏。
いや、これは大変です。
今回は8曲(細かく数えると10曲、アンコール含)のプログラム。
すべてがまったく異なる表情を持っているので、ちょっとの曲間で素早く気持ちを入れ替えなければなりません。
それぞれが難曲で、しかもその難しさがそれぞれ違うので、技術面でも苦労してます。
そしてそして一番の大変なところ。
まだ挑戦してませんが、全曲通した時に体力がもつのかどうか…。今日は休憩をはさんではいたけれど、やっぱりきつかったです。首背中に負担が。モルダウ左手つりそう。うーむー。筋トレしようかなぁ。
弦楽器は降り番ナシで全曲やるので、体力面でも気持ちの面でも負けないように頑張らないといけないですね。
いずれにせよ、こんなにたくさんの曲を一度にやるのは初めてなので、楽しみでもあります。当日はどんな演奏会になるのかな。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

06/mag/05

花火

そうそう、このGWの沖縄では花火も見ました。
今年初の花火。
那覇ハーリーの最後に打ち上げられます。
クルーザーから見る、っていうのも考えてたけど、来年にとっておくことにしました。とまりんから見る花火も、よかったですよん。
オリオンビールを片手に、花火見物。
半分飲んだだけで気持ちよーく酔いました。
2005_05050042

このあと、とまりん内のわだやで豆腐チャンプルーや海ぶどうをたらふく食べて、大満足でホテルに帰ったのでした。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

05/mag/05

アドバンスゲット!

今回の来沖で、アドバンスド・ オープン・ウォーター ダイバー・コース(ADVANCED OPEN WATER DIVER COURSE)ゲットいたしました!パチパチ。
PPB、ナビゲーション、ディープ、フォト、魚の見分け方。
すべてクリア。わーい。
OWの時に認定してくれたイントラさんが、今回も認定者になりました。994人目だって。後少しで1000人!惜しいっ。
今回はいろんな事情が重なって、伊江島もナイトクルーズ花火もオアズケになっちゃったけれど、コンディション抜群の粟国島にもいけたし、アドバンスも無事とれたので、よかったです。
伊江はまたいつか行ける日を夢見て。
毎日仕事で潜っているイントラさんが海から上がって、「いやー楽しいっ!」って言っている姿を見て、いいお店だなぁってしみじみ思いました。
沖縄はすでに梅雨入り。
夏に向けてしっかり季節が変わってます。
この夏もまた潜りに行きたいなー。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

うちなー時間

うちなー時間

のーんびり。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

04/mag/05

粟国島

粟国島

ナポレオンに会ったよ!!

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

03/mag/05

浜屋そば

浜屋そば

手前が浜屋そば。
奥はてびちそば。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

こい

こい

水釜のこいのぼり。
雨にぬれてにぼしみたいだよー。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

クマパラ

クマノミパラダイスでファン1本。
直前に雨が激しく降ってきて、ボートの上ですでにびっしょり。
透明度はあんまりよくなかったけど、水中から水面見上げると、降ってる雨がキラキラしてきれいだった。
でも寒い寒いで上がって片付け終わってから、なぜか晴れてきたのよね。
ピーカン。
明日は最初から最後まで晴れてちょうだいっ!

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

少し

少し

晴れてまいりましたー☆わぃ♪
海の写真は白くなってうまく色がでないから山側を。
58号線ドライブなり。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

許田

許田

でかい卵、発見。
後ろはパイナポー。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

あう

曇り空。
今日は午後から海にでます。
それまでドライブ。
高速道路も車が多いわ。
さすがゴールデンウィーク。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

02/mag/05

違和感

P505is0042336300_2

バャリース。

…ヤって小さかったっけ?

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

梅雨

梅雨

沖縄到着!ゆいレールで移動。
夜だけど暑いです。
なんと早くも梅雨入りだそうだ…。
あんまり激しく降らないことを祈ります。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

いざ

いざ

二回目の第2ターミナル。
いざ南の島へ☆

1ヶ月前にも同じこと言ってたような。

| | Commenti (0) | TrackBack (1)

01/mag/05

軽井沢

軽井沢に新しくできた大賀ホールに行ってきました。
ソニーの大賀名誉会長が建てたこのホール。
そのグランドオープニングシリーズ2日目でした。
7日には大賀さん自身も指揮者として出演されます。

 前橋汀子ヴァイオリンリサイタル
   ピアノ:加藤洋之
  ドビュッシー「亜麻色の髪の乙女」
  クライスラー「愛の喜び」
  ブラームス「ハンガリー舞曲第1番」
  ファリャ「スペイン舞曲第1番」
 などなどなどアンコール含め計16曲。

前橋さん、初めて聴きましたが、すごい。
すごすぎて、私にとっては少し重いように感じました。
なんていうか、ものすごく中身が詰まっている音。
すべての音に内容があって、太くて、重みがあって、経験とでもいうのでしょうか、私にとっては大きすぎて。素直に受け取ることができず、残念。まだまだひよっこだなぁ。
ピアニストの加藤さんもとても素敵で、パートナーとしてとてもいい弾き手なんだなぁと思いました。
前橋さんと呼吸がぴったり。
二人とも楽しそうでした。

このホール、すごく音響がいいです。
響く響く。
さすが大賀さんのホール!って感じでした。
オケよりも小編成のものの方が合いそうな、そんな感じ。
また行きたいです。

| | Commenti (4) | TrackBack (0)

« aprile 2005 | Principale | giugno 2005 »