« maggio 2005 | Principale | luglio 2005 »

giugno 2005

30/giu/05

まっさっさーじ

マッサージ。
初体験してまいりました。
やー、気持ちいい。
体が軽くなった気分。
たまには自分にお水あげるのも大切だわ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

29/giu/05

めぐみ

雨は、やっぱり恵みの雨。
降りすぎも大変だけれど、降らないのも大変。
何事もバランスってことかなぁ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

28/giu/05

いたーりあ

今年、語学を頑張って、来年こそはイタリアへ。
行きたいものだわー。

ピノッキオのDVDの音声だけをMP3にしてもらったので(ありがとう☆)、毎日イタリア語を聞いてます。耳に心地いい言葉です。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

27/giu/05

かんてんてん

仙太郎のあづき寒天。和三盆黒蜜。

これは!!!
おーいーしー。幸せ~。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

26/giu/05

パク

ベランダで、パクチーとクウシンサイを栽培中。葉っぱのギザギザがパクチーっぽくなってきたー。
p505is0045350932.jpg

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

こんふぇでれーしょんずかっぷ

見始めてしまった。
コンフェデ準決勝ドイツvsブラジル
スピードがあるっていうのが、私にもわかります。パスとか、すごーい。日本とは、やっぱり差がある?足が止まってないわ。
ドイツ頑張ってますね。おぉ!PK決めたー!
シーソーゲームだぁ。
あ、ブラジルのカカ、かっこいー(こういうのも楽しみの一つ)。
ルールとか詳しくはわからないけれど、サッカー観るのは結構好きです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

25/giu/05

幸せいっぱい

先輩の結婚おめでとうパーティーに行ってきた。とってもいいパーティーだった。オケの集まりだったから、旦那様にとっては完璧アウェイ。でも、これからホームにしたいです、だって。素敵な旦那様です。
嬉しくて、でもなぜかちょっとだけさみしくて、でもやっぱり嬉しくて。大好きな先輩の幸せな笑顔をみていたら、心からのおめでとうが自然にでてきた。
ずっとずっと、二人で幸せつくっていってくださいね。本当におめでとうございます。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

24/giu/05

梅雨は?

梅雨よ、どこにいった?
明日から30℃の日々になるそう。
明日は昼間に外出。
熱中症に注意。
暑さも寒さも、慣れって大きいかも。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

23/giu/05

僕の

つよしの「僕の」シリーズ。
うまいですよね、つよし。
おもしろかったです。恋に落ちたら。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

てんぷれーとっと

テンプレ変更してみましたー。
夏っぽくていいかもしれない。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

22/giu/05

パソコン禁止令

家でパソコンを開くと、寝るのが遅くなるので、しばらく禁止にしています。携帯から更新中。反応が遅いけど、コメントとかはネットカフェから更新中。駅前にあるって便利ね。すごい世の中になったものだわー。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

21/giu/05

ルールルル

前売りゲットしてた念願のルーブル美術館展へ。
…期待しすぎだったのかなぁ。
場所のせいかなぁ。
うーん。フランスに行きたい。
やっぱりドラクロワ、好きだー。
アングルよりもドラクロワ派です。
p505is0045154613.jpg

考えてみました。色々と。
なんだかんだ言っても、作品自体はやっぱりすごかった。
お客さんの多さと、会場そのものと並べ方なのかな。
これが平成館だったら、と想像してみる。
難しい想像だ。
あとは、学芸員さんの意向なのかも。
あまりに陳列にこだわりすぎて、作品自体が埋もれてしまうこともあるのだろうから。今回は、それにしたって…と思ってしまうけれど。
アングルの泉も、トルコ風呂も、いいのに、なぜかそれほど立ち止まれなかった。
人が多くて見えない、っていうのは大きいのかな。
もうちょっと、作品から離れて全体を見られるように配置したらいいのになーなんて、思ったりもして。キャプションの位置も気になった。
せっかくのいい作品が、照明で変な光り方をしてしまっていたりするのもあった。
油は難しいのだろうけれど。
今回はそういうのが重なってしまったのかもしれない。

実際にルーブル美術館に行けばいいのかもしれない。
でも行けないから、こういう企画展に足を運ぶのだ。
ヨーロッパと違って、ちょっと隣の国に、ができないから、日本にとって外国作品の企画をすることは大きな意味があるのだと思う。
逆に、だからこそ、ルーブル美術館のような展示では、日本に合わないのかもしれないとも思う。「広い部屋に無造作に」並べられていることに慣れていないから。マナーだって、やっぱりまだ身についてはいないから。
外国と同じ展示に日本を合わせていくのか、日本に合った美術館にしていくのか。どっちがいいかなんてわからないけれど、日本とヨーロッパはやっぱり違うよなぁと思ってしまうのでありました。
あ、なんかレポートみたいだ。
学芸員て大変。
美術館学、もう一度やりたいな。

| | Commenti (4) | TrackBack (2)

20/giu/05

ポカリ

久しぶりにお世話になりました。
アクエリアスでも同じ効果はあるのかしら。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

19/giu/05

暑さに体力を奪われた。
曇りでも紫外線はばっちりあるわけで、日焼けは必至。普段外にいることになれていないから、私の体はついていけない。外から帰ってきたら、眼が熱くて日焼けを実感。弱くなったなぁ。中学生の頃なんて、毎日炎天下でボール追いかけて、真っ黒だったのに。暑いのは苦手だけど、太陽は好き。夏の準備、始めないとね。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

18/giu/05

ホネホネロック

いい人たちに出会えたかもしれない。
練習会場に早く着いちゃってどうしたものかとウロウロしてたら、楽器持ってる人発見。最初に会ったのはファゴット吹きでした。初対面てのはなかなか緊張します。出だしはまずまず。
知り合いが一人しかいない中、初見でオロオロしながらも、ビオラ一人で心細くても、なんだか楽しかった。全員同じ年代だからかな。
夏はすぐそこ。
弾けて楽しい!になれるように頑張るのだ。
〈今日の曲〉死の舞踏、スペイン奇想曲

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

いざいざ

初めての場所に。
期待と不安が入り混じり。
どきどきわくわくだー。
雨が降らなくて助かった。
うまくいきますように。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

17/giu/05

らっきー

髪を切って前髪のばして。
それだけだけど、色も変えたように見えるみたい。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

16/giu/05

91まで音を楽しむ

0615cd-score0827

準備は着々。
パート譜もらって、初見でどこまでできるか。
それが不安でもあり、ちょっとだけ楽しみでもある。
今週末、第1のハードル。

音楽の友に先輩の親類の指揮者がでていると聞き、早速購入。
結構大きく指揮者のカルロ・マリア・ジュリーニさんを語る記事が載っていました。
お二方とも、もとはビオラ弾きです。
と、今日、そのジュリーニが14日にご逝去されたとのニュース。
記事が載った月になんて、偶然というかなんというか。残念です。
91歳だったそうです。ご冥福をお祈りいたします。

指揮者の中にはご高齢なのにお元気な方が多いように思います。
音楽をしている人って、そうかもしれない。
中にはステージの上で倒れたり…なんてこともありますが、それはそれで本望なのだろうなぁ。
そこまでのめりこませる「音」っていうものは、すごく深いんだなぁ、としみじみ思うのでございます。
私も、いつまでも、おばあちゃんになっても笑ってビオラを弾けていたら、幸せだなぁ。
音楽の友には、今月は大好きな今井信子さん(Va)や、かっこいいゴーティエ・カプソン(Vc)の記事もありました。
買って正解っ。

この夏は、海よりも楽器に傾く予感。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

15/giu/05

脱出?

前髪うねうね脱出!
でもちょっとまっすぐ過ぎる気も。
馴染むまでは我慢。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

14/giu/05

ひとつひとつ

できることをできるときにできるだけ。
なにごともてきとうがひつよう。

「適当」 適して当たる
最高の言葉なのよ!

私の恩師が言っていた。
その言葉を思い出して。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

13/giu/05

電車の中から空を見たら、きれいな色の月が見えた。
2駅くらい見つづけていたら、吸い込まれそうになった。
まだ満月には時間があるのにね。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

12/giu/05

あつーいっ!

3日前の天気予報では雨だった今日。
なんと、晴れました。
この時季のお天気は、前線が横になってて上下に動くものだから予報が難しい、って気象予報士の人が言ってました。
確かに。難しいようだ。

と、そんないいお天気(湿度も最高)の今日。
ステージの上は照明がプラスされて猛暑でした。
なんと会場は冷房ナシなのです…。ひぇ…。
ステージ上もだけれど、聴きに来てくれる方々にも申し訳ないくらいの暑さと湿気でした。
古い講堂なのだけれど、改修は延びに延び(計画もされているのかどうか)、未だ実現せず。なんて言ってももう6年目ですからね。毎年のこの暑さにも慣れ…ません。ハイ。
暑さには弱いんです。
顔に汗が流れてくるんです。うぅぅ。
今日もハンカチが手放せませんでした。
汗かくと顎当てが滑っちゃうんです。
でも手も滑るし…。
本番中はいろんな意味で闘いでした。

でも、いい演奏会だったように思います。
合奏に参加できたのは片手で足りてしまうくらいだったけれど、その回数でもオケ全体の伸びは大きくて、そういうところ、毎年変わらないものだなぁなんて思ったりして。
自分の中ではきのうまで納得いかなかったのだけれど、なんとか、弾ききることができました。
6プルトでしかも内側で、チェロとバスにはさまれて低音に囲まれて、位置がよかったのか指揮者の先生がよく見えて、真後ろにいるよりトップもよく見えて、逆に弾きやすかったような。
先生とはよーく目が合いました。
初めての先生だったけれど、よかったです。
見やすいし、のりやすかった。
必死ではあったけれど、暑くて暑くて朦朧として、楽譜一段とばしちゃったりもしたけれど、楽しくもあったし。
現役のみんなにお疲れさま、です。
のらせてくれて、ありがとう。

♪1年以上会っていなかった友達が、偶然聴きにきてくれていました。お互いいるなんて思ってなくて、びっくり!嬉しい再会に感激☆ありがとう。
p505is0044499231.jpg


スラヴ舞曲集 作品46より第1番(ドヴォルザーク)
連作交響詩「我が祖国」より
   「モルダウ」「ボヘミアの森と草原から」(スメタナ)
交響曲第8番 ト長調(ドヴォルザーク)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

11/giu/05

梅雨の晴れ間

梅雨入りしちゃった関東だけど、明日は晴れ間がみえるとか。
27℃まで上がるとか。
湿度も高そう。
そんな明日は大学オケの本番。
今回は実質一ヶ月の練習期間で、なんだか申し訳ないくらいだし、プルトも内側で周りに頼りきりにはなれないしで、不安が大きい。
OGなんて名前のみですごめんなさい。
だから足引っ張らないように頑張るのみ。
体力が持つか心配だけど、ひとまず頑張るのみ。
楽しめたらラッキー。
…暑い一日になりそうね。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

きたっ!

AOWのカードが届きました!
いやー、これは嬉しい。
この夏も潜りに行けるかなっ。
p505is0044368149.jpg

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

10/giu/05

つゆ

梅雨入りしちゃったんだって。
せめて日曜だけでも降らないでほしいなぁ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

09/giu/05

12番目

久しぶりに本を読む。
すすめられて、貸してもらって。
結果。

号泣。

電車の中で最後までいかなくてよかった。
おもいっきりなきました。
これは、すごい。
教えてくれたあなたに、ありがとう。

著/オグ・マンディーノ 訳/坂本貢一 求龍堂
12th-angel

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

08/giu/05

おぉぉ!

書き込みがスムーズーーーーー♪
メンテナンスの効果っ!
ありがとうココログーーー!!!

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

07/giu/05

曲がり角って?

フジテレビの「曲がり角の彼女」見てます。
面白いです。年齢としたら、差はあるけれど、なんだかわかるようなわからないようなわかるような。
要潤、最初は微妙だったけれど、なぜか今日、かっこよく見えてしまいました。テレビって怖いわ。おほほ。

| | Commenti (4) | TrackBack (0)

06/giu/05

きあつ?

よろしくない。
台風4号がきてるからでしょうか。
…まだ遠いけど。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

05/giu/05

1週間前

会場練習。
照明も加わって、暑さは限界でした。
それにしても。
難しい曲がずらり。
きっとどんな演奏会でも、そう思うのだろうけど。
やっぱり、毎日練習できる環境って、素晴らしいと思うのだ。今ではなかなか実現できないこと。
納得いくまで、コツコツ。
そういう時間て大切。
この場所は完璧!そう思えるまで、コツコツ。
自分の得意な部分をつくるまで、コツコツ。
弓の速度とか角度とか、ポジションの取り方とか、圧力のかけ方とか、何度も繰り返さないと身に付かない。
最近はだましながらやってる感じもする。
ちょっと立ち止ってじっくりやりたいとも思う。
でも、考えてみればもう6年目?
あらら…初心者だなんて言葉は通用しないわ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

04/giu/05

若いっ

初めて先生の合奏に参加。
モルダウなんて、速くて大変。
そんな先生の年齢を聞いてびっくり。
速いとかきついとか、言っていられません。
右手をしっかりマッサージして、明日に備えます。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

03/giu/05

いよし。

なんかよくない今週でしたが、久しぶりに大声あげて笑えました。
大きな声を出すのは、必要だ。
復活。かな。

HITACHIのCM、いつの間にか「展覧会の絵」から、
「フィンランディア」になってました。
久しぶり。シベリウス。
やっぱりかっこいいや、西本さん。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

02/giu/05

夏は近いよ

この雨は梅雨のはしり。
梅雨入りは来週だって。
こうやって少しずつ、季節が新しくなっていく。
私も、少しずつ前に進もう。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

01/giu/05

大漁

これからのための大量買い。
今日手に入らなかったスコアはまたのちほど。
CDもいいかげん整理しないと。
p505is0044237054.jpg

いろんなことを並行して練習するのは苦手なので、今はまず再来週の本番を。
メインがやばい…。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

« maggio 2005 | Principale | luglio 2005 »