« maggio 2006 | Principale | luglio 2006 »

giugno 2006

30/giu/06

今ここで

当たり前にあった毎日が、今はここにない。きのうと今日は、全然違う。こんなにも大きいものかって、くやしいからあなたには言ってあげないけど。あなたの置いていった子が、こっちを見てるよ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

29/giu/06

豚ハツ刺

豚ハツ刺

初体験!

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

28/giu/06

あなたの周りには笑顔の輪ができる。
その輪のひとつになれることが嬉しい。
時間は確実に前に進んでいるから、一日だって無駄にしないようにしてきた。
それでもまだ足りないような気がして、不安になって。

私はあなたに何ができたかな。
これから、何ができるかな。

たくさんの笑顔、持って帰ってね。
これからもいつまでも。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

27/giu/06

ぬいぐるみ

今すでに何匹かいるのだけれど、
増えそうです。

どんとこいだ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

わーわー

ネムレズ。
思わず脳トレ開始。
明日が怖い。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

26/giu/06

カラサナイヨウニ

ビオラ以外にも何かやってみたくなった。
ループをとめることもできるような気がした。
ちょっと、ほっとできる気がした。
前、向いてみよう。
自分にお水補給してあげよう。
ちょっと甘やかしてみよう。
何を考えて何をしたいと思うんだろう。
知らない自分がまだいる気がする。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

25/giu/06

演奏と演出と

このオケだからできること。
そういうのって、どのオケでもあるけど、その中でも挑戦できる幅の大きいオケなんだろうと思う。
のったのは2回目。
第2回の去年の紀尾井ホールではクラッカー鳴らしたり、やりたい放題だったけれど、今回は違った意味で挑戦的でした。

前プロ チャイコ『1812年』
…戦争をテーマにした曲。
中プロ ハイドン45番
…休暇をくれっ!っていうストライキの曲。
メイン ショスタコ5番
…社会主義を描いた曲。

どれも現実的でない。
今、日本に生きている私たちには、現実味のないプログラム。
教科書で見たことはあるし、テレビのニュースでも耳にする。
ハイドンについては少しは共感できる部分はあるけれど、それにしても休暇もなく働かされるっていうことは今のところないわけで。

そういう非現実的なものを、今の私たちのテンポ感でやってみる。
指揮者は最初からそれを言っていた。
それに共感できたから、今までやってこられた部分は大きい。戦争とか社会主義とか、そういうイメージをもってやれ!って言われても、混乱するだけだったと思うし。
ここのテンポはケツメイシなんだよね。そんなことを言いながら。

と。色々あった舞台裏のお話し。

1812の大砲は、スピーカーから出してました。
パソコンからEnterでドカーンとなるように。
舞台袖ではステマネさんがいいタイミングで押してくれました。
当日初めてだったのでステリハだけでは不安もあったけれど、さすがです。本番はばっちり合いました。
大砲の音は3種類あったのですが、一番迫力のありそうなのに決定。もともと管打に消されてしまうところだから、大砲が入るともう弦楽器はお手上げ。それでも負けじと弾きながら、あまりの大音量に笑っちゃって大変でした。

告別では一人ずつ退場。
ハイドンの指示が書いてあるんです。楽譜に。
ここで一人抜ける、って。
当時は譜面台のローソクを消して、楽譜も持って退場したらしいけれど、今回ローソクは使えず、譜面台のライトで代用。
ホールに頼んでおいたのだけれど、行ってみたら想像と違う…。スイッチがない。。コンセントを抜くしか消す方法がない。
かっこ悪いけどまぁいっか!みたいな。そんなノリ。何でもアリ。
おれらっぽくていいじゃん、みたいな。確かに。
ビオラは1・2・2の5人。1pultには私1人。隣がいないって、寂しいものです。一人いなくなると、少しずつ空気が変わって。それが背中に感じられて、ドキドキ。指揮者も途中でいなくなっちゃうし。
1st、2ndと3人になった瞬間、私の音も丸裸。いい音をつくれるようになりたいと、心の底から思う瞬間。これからもっと頑張らなくちゃっ。
演出に一番の好評をいただきました。

タコ5、これが一番の壁だった。
もともと好きじゃなかったから、ここまでくるのに時間がかかった。今回やったおかげで、どんなに苦手な音楽でも、受け入れられるようになるんじゃないか、って思えるようになりました。だからよかった、のかな。
一番の課題だったビオラソリも、メンバーが揃ってそれなりになった、と思いたい。あれを完璧にこなすには、いくら時間があってもきっと足りないから。あのときのあのメンバーで、一番の力を出した。と思う。

おまけのアンコールは「サンダーバードのテーマ」。
あの曲何??っていう声は多かったけれど、知ってる人にはたまらないはずの国際救助隊。
今回の「非現実」を象徴するような選曲。
楽しかった。
ソロのひちりきは、鳥肌モノでした。
演奏中に拍手もらえるなんて、感動的☆
ああいう曲って、なかなかやる機会がないから、すごく楽しかった。選んでくれてありがとう。


レセでも2次会でも、みんな嬉しそうだった。直前にお願いをしてのってもらった人たちにも、楽しかったと言ってもらえた。
それがすごく嬉しかった。
なーんて、長くなりすぎました。
実りある半年だったと思います。いろんな意味で。
もっともっと頑張りたい、もっともっと聴いてもらいたい、もっともっとうまくなりたい。ここにいるといつもそう思います。

=第3回定期演奏会=  会場:新宿文化センター 大ホール
 チャイコフスキー 大序曲『1812年』
 ハイドン 交響曲第45番『告別』
 ショスタコーヴィチ 交響曲第5番『革命』
 サンダーバードのテーマ(編曲版)


たくさんのお花、プレゼント、ありがとうございますっ!!
部屋がぱーっと明るくなりました♪

200606242345562006062423495220060624235133
200606242352232006062500042220060624235403

2006062423484220060624234802

集合♪
20060624235616

| | Commenti (2) | TrackBack (1)

24/giu/06

ありがとう

たくさんの人が大事なお休みの時間を使って聴きに来てくれること。それが私に大きな力をくれる。
楽しかった。事故はありながらも、なんとかみんなで元の道に戻れたし。オケの醍醐味を見た気がした。仲の良いオケだからできること、かな??
演出や効果については明日詳しく。

本当にありがとうございました。

| | Commenti (2) | TrackBack (1)

23/giu/06

あした

明日がきちゃいます。
いろんなことを考えた半年に一区切りします。
自分でも納得できる音をつくりたい。
早く寝なくちゃ。

明日の午後は新宿文化でショスタコです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

四時?

起きられないだろうなぁ。
イタリアチェコでおやすみなさい。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

22/giu/06

夜は

夜は

おとーふ。甘くておいし。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

お昼に

お昼に

パスタ。鶏挽き肉としめじのトマトソース。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

21/giu/06

信じ

ること
られること
たいこと

自分以外の誰かを信じられること。それってすごいこと。
信じたい人を信じきれないこと。なんだかもどかしい。抜け出すにはどうしたらいいのやら。ループにはまってぐるぐるぐるっと。

ふと思い立って観に行ったら、意外とソロのサラリーマンが多くて驚いた。時間の流れがゆっくりだった。

やわらかい生活

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

20/giu/06

たいよう

たいようのしたでランチをした。
たくさん光をあびて、太陽の力をもらった。
ひさしぶりーーー。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

19/giu/06

ほっ

ほっ

大切な人と大切な時間を大切に過ごせた。
そう思えることがきっと幸せ。

おいしいコーヒーと居心地のいい空間で、わたしの心もゆっくり流れたひとときでした。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

18/giu/06

ルーヴル

芸大美術館で今日から始まったルーヴル美術館展に行ってきました。
久しぶりの美術展。たくさんの彫刻に囲まれて、いい時間を過ごせました。
観たかったナスカ展は今日が最終日。長蛇の列に負けました。

やっぱりたまには上野に行くのがいい。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

17/giu/06

注目は

スウェーデンのローセンベリとポルトガルのC.ロナウド(若者だっ)。
ローセンベリはまだ動いてるのを見たことがない。4時キックオフはさすがに観られないじぇ。

デコのシュートに思わず叫んでしまった。
明日は日本も頼むだよ。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

さいごれん

本番前最後の練習でした。
練習会場が狭くて、でも集まった人数は多くて、椅子も並べられず4時間立ち練習…。
でも、パート全員揃ったのが嬉しくて、楽器の鳴りもそこそこよくて、あっと言う間の4時間でした。
考えてみれば、楽譜をもらって半年以上。イヤになったり逃げたくなったり楽器にもさわりたくなくなったり、そいえば波がたくさんあった。
ほとんどの土日に練習が入ってて、自分の体勢立て直すにも力が必要だったけど、でも今日思ったのはやめなくてよかったってこと。
一週間後もそう思えているように、できる限り前向きになれているように、本番まで自分を甘やかしてみようか。おいしいものは必須だわ。

遅いかもしれないけれど、心から、たくさんの人に聴いてもらいたいと思えるものになってきました。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

16/giu/06

あじさい

咲いてた。久しぶりに会った気がした。
今夜の月は大きくて、思わず足がとまりました。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

15/giu/06

杞憂

自分からたくさん壁を作って、心配して、不安になって。
でもいざ本番になると、なんてことなかったりしてね。
そんなことって意外と多くて、自分で自分を追いやってることに気がつく。
まっすぐ、いってみよう。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

14/giu/06

時間

限りあって限りないような時間。一瞬でだってあったかくなれるのなら、きっともっとやさしくなれる。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

13/giu/06

龍の家

龍の家

とんこつ純味

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

12/giu/06

くまさん

くまさん

で、馬刺。新鮮!

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

11/giu/06

ぐー

一週間分たまった重さが少し軽くなった日曜日。睡眠大切。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

10/giu/06

イングランドパラグアイ

ベッカムはよく走るねぇ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

耐え時

ここで負けちゃいけない。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

09/giu/06

ぴっつぁ

ぴっつぁ

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

08/giu/06

2くま

最近黒い服が多いね。言われてみれば。
よくみてくれてるなって嬉しくなった。
黒や紺は落ち着く色。気持ちも引き締まるような、必要な色。

くまさんとはさよならしないとねぇ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

07/giu/06

ちびっこ

我が家のアイドルたちの、ちびっこ時代の写真を発見。せっかくなのでアップしてみる。かわいすぎ。

Putchy

Momo

Nana

最高にかわいい。
その幸せ笑顔が大好きっ☆

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

06/giu/06

いま

いまできること。
いまやりたいこと。
いまかなうこと。
いまつたえたいこと。

いま、この瞬間に、私の心には何がある?

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

05/giu/06

伝わるのは何?

きっとある。目に見えるものじゃ解決できないもの。きもちとかおもいとか。すべてが聞こえる言葉になるわけじゃない。
だけど。見えないと不安になる。聞こえないと心配になる。
私は、どれだけ見えるように聞こえるように、伝えられているだろう。心とは裏腹。そういう時が何度あっただろう。傷つけたり悲しませたり。
あなたにはいつも笑っていてほしいから、これからは伝わることばを伝えられるように。

| | Commenti (4) | TrackBack (0)

04/giu/06

らせん

くるくるっと、ゴールが見えない不安と、終わりの見えない安心と。
自分と向き合ったとき、みえてくるのはなんだろう。
楽器を持たない休日に、たくさん陽のひかりを浴びて、私は何を見つけたのかな。
くるくる。ぐるぐる。
明日の朝は早いのに。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

03/giu/06

船の上で

心があったまる。
幸せな笑顔が私に力くれました。
ありがとう。おめでとう。
かけつけてくれる仲間がたくさん、その中に私も入っていられることを、すごく幸せに思います。
これからも二人で笑っていてください。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

02/giu/06

ほんとうそ

ほんとかうそかなんて、受けとる人次第なのかもしれない。
だったらあなたの言葉をわたしはほんとと思いたい。
うそだと思って目の前にいるなんて、とっても悲しいことだから。
うそと知ってしまったら、とってもとってもつらいから。

どこか遠くから見ている感覚から抜け出せず、三人がいる空間を、ただひたすら眺めてた。
じっくりよりもテンポよく、思わぬところの切り替えも、くるくる想像させてくれる。
前回よりも濃い空気。
いつも静かな舞台の上に、細く聞こえる何かの音が、少しずつ消えてく記憶に思えた。

『蓋虫』
シアターパレス 第4回公演
@シアターシャイン

ひまわり畑にすればよかったね。
でも、黄色は正解。
今日のあなたにぴったりと感じた。
これからも、お花、楽しみにしててね。
あなたが何をみせてくれるのか、私はそれを楽しみにしています。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

01/giu/06

なつ?

梅雨なしでなつ?ってくらいに気持ちいい日差しでした。
みたい映画がある。
映画の日は逃したから、水曜日でチャレンジ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

« maggio 2006 | Principale | luglio 2006 »