« luglio 2016 | Principale | settembre 2016 »

agosto 2016

26/ago/16

後半戦

明日は1か月ぶりに楽器をさわる。
ブロックをしないで半年以上が経ち、意外となんとかなってはいるものの、いつまでだましていられるか、自信がなくなってきた。
そんなここ数日は、もう物を落としまくっている。笑ってしまうくらいに。

数年前、母親が怪我をして大きな手術をした。
入院初日、夜になると誰かが痛いよ痛いよって痛がっていたのだそう。
翌朝、母親は看護師さんに、痛がってるから痛み止めを打ってあげたらいいのに、って言ったらしい。
その人が誰なのかはわからないけれど、きっと、優しい言葉が聞けて嬉しかっただろうな、と思うのです。
気にかけてくれる人がいるだけで、少し気持ちがやすまることってある気がして。
いつも心配かけてる家族はもちろん、数年ぶりに会った友達や先輩後輩に、もう手はいいのか、って声をかけてもらえるだけで、一瞬3割くらい痛みが減る気がします。
私自身が話したかどうかも忘れているのに、相手はそうして覚えていてくれる。
それはとても大きな力があって。
もちろんできれば心配はさせたくないし、申し訳ない気持ちにもなるのだけれど、でも。

今年の後半戦、3つ本番が決まってます。
明日は、痛みがでないまま、楽しい練習になると信じて。
なんだか泣いてしまいそうな金曜の帰り道でした。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

08/ago/16

眠くて仕方がない

刻み祭りの本番を無事終え、まだ弓を持てることに喜んだのも束の間、翌日からはずーっと痛くて困っている。痛い=省エネ=眠いってことになるので、余計に困る。
でもこの数週間は悪いことばかりじゃなくて。
自分の中にためてきたことを言葉にすることになったり、同じ思いを持つ人と話せたり、久しぶりの連絡と思ったら必要としてくれていたりして(応えられたかは別)、自分を振り返るきっかけが多かった。
何をしたいのか、何ができるのか。それが何の役に立つのか。
答えは出てないし、行動にも移せていないけれど、こう考えることが増えていること自体、今までとだいぶ違うなーと。
思ってるだけじゃ何も変わらないけれど。

手は痛いしヘルペスはできるしたくさん食べちゃうし眠いし、たぶん体としてはあんまりよくない状態なのでしょう。
でも、食欲があるのはよいことだと信じて。
熱中症かと思った先月は、ウイルス性胃腸炎を起こして発熱。食べたい気持ちもゼロになった。それよりは健康。

弓の持ち方を変えたからか、今まで気にならなかった人差し指にタコらしきものができた。
秋に、新たに弦楽オケに乗ることにした。
誘ってもらえたことに感謝。本番は教会らしいので音程がバレてしまうのは必至。ちゃんと基礎練をする。

あぁでも、自分の予定を諦めてまでやりたい仕事と思えないのは、なんとかしたいところである。
突発的なものには慣れたけれど、定期的な予定も、特別な予定も諦めなければいけないのは、辛くなってきた。
きのうは休日出勤で日付が変わってからの帰宅。今日もようやく今帰り。
仕事があるのはありがたいことだけれど、このまま例えばあと2年、同じ生活を続けたいかと言ったら、答えは決まっているのだよなぁ。悩ましい。眠い。


♪本番ログ
2016年7月31日
シューマン 3番『ライン』
メンデルスゾーン 1番

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

« luglio 2016 | Principale | settembre 2016 »