29/dic/15

いい仲間。

12月26日、大好きなオケの参加12回目の演奏会が終わりました。(定期は11回目の参加)
楽しくて、終わるのが寂しくて、写真と録音で泣けるくらい、大きな本番になりました。
最近はあまり残してこなかったけれど、今回はいろいろなことがありすぎたので記録。
コンマスが海外転勤したり、まさかのボロディンに決まったり、トップを離れることにしたり。

ブラ4は3年の冬にやったから思い入れも深くて、最初から楽しみだったしずっと楽しかった。
でも、ボロディンはもともと興味もなくて、聴けば聴くほど嫌いになっていくのがわかって、でも弾かないわけにいかなくて余計に嫌いになって、体になんとか叩き込もうとして楽譜と格闘してずっと苦しかった。それも今まで頼りっきりだったコンマスは不在。気持ちも演奏も不安だらけ。11月中頃くらいまでそうだったかもしれない。
そんな状況を救ってくれたのは、指揮者でした。どの録音でも聴けなかった音楽を聴かせてくれた。根気強く、作ってくれた。
10年以上一緒にやってて、少し離れたところからずっと見てきたつもりでいたけれど、私が見ていたのなんて全体のほんの端っこの一部でしかなかったみたい。
音楽をやるプロとして活躍しているのを見ていて、遠くに行っちゃったなぁなんて思ったことも何度もあったけれど、遠くで身につけたことを全力でこのオケに返してくれる。このオケを一番自分のこととして考えているのは彼で、ノーギャラどころか団員として演奏会費を払って同じ目線で話してくれる。その大きさを改めて感じた今シーズン。求められること以上のことをやりたいとも強く思った今シーズン。
同時に、コンマスの存在をずっしりと感じた今シーズン。合奏が片手で足りちゃうくらいでも、やっぱりそこにいる、という事実が何よりも大切なんだなと。なんだろうあのひと。次回の練習で帰国したときに驚かせられるくらい、これからの1年は頑張らなくちゃ。

今回一番大きかったのは、頼れるビオラ弾きに出会えたこと。前中のトップを降りたこと。
コンマスの「紀尾井で弾かない?」から始まったこのオケとの関係は、イコールこのオケでのトップ席だったわけだけれど、2007年の冬以来、手の痛みに悩みながらいつ降りようかと毎回思っていた。毎回誰かに宛てて、次のトップお願いしますのメールを作っては送れず本番を迎えていた。
そこに、去年合流した上手なビオラ弾き。ここぞとばかりにお願いしてしまった。
結果的にボロディンやだから交代したみたいな感じになっちゃったけど、そうではなくて。
でもおかげで気持ちが安定した気がする。3曲とりあえずなんとかやらなきゃと思ってた今までと比べて、1曲集中で弾き込めたことが大きかったんだろうなぁ。
久しぶりのサイド席で見えるものが違うことに気づいたのも、ボロ2を楽しめた理由かもしれない。
隣で私があまりに弾けないのを不安に思ったのか、ひたすら練習が好きなのか、彼が練習に連れ出してくれたおかげで自信がついた。弾ける場所が増えた。弾けないことを恥ずかしいと思わず、どうしたらいいのか聞くことができた。1年しか経っていないなんて信じられないくらい、音も呼吸も揃うようになった。
今まではそれまでの経験だけでなんとかくぐり抜けてきたつもりだったけれど、ちゃんと練習すれば弾けるなんて当たり前のことを思えた。合奏もいつも一人だったから必死さが先に立っていたけれど、一緒に同じ音を出すのが楽しかった。だから、本番も安心して弾けた。また次も頑張ろうと思えた。本当に、感謝してもしきれない。

今は、前回までのように、次は降りようとは思っていない。
不思議なことに、1ミリも。
コンマスが日本勤務に戻るまではこの場を守りたいし、もっと一緒にいろんな曲を弾きたいし、ビオラいいよねーってバカ話がしたい。
2015年、前向きに締めくくれそうです。

あーでもなんか、本編よりアンサンブルが楽しかったとか言われるのは、ものすごく悔しいなぁ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

30/set/13

ルブランとメンコン

ルブランとメンコン
コンチェルト2曲+田園。
なかなか思うところの多かった本番。
でも、楽しかった。
ある意味、みんなの団結が強かったのかもしれない。
反応のいい奏者ばかりで、刺激を受けた。
崩壊しかけたけど、なんとかなった。
全体集客は……だったけど、たくさんの方にきていただいて、客席に見つけるたびに嬉しくなった。
初めての小ホール。
みられる、という緊張感をこんなに感じたのも初めてかもしれないなぁ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

29/set/13

秋の本番

この時季の本番はとても久しぶり。
いつもなら7月の本番を終えて、楽器封印2カ月、10月からのろのろと、のところ、休みなし。
なんだ、できるんじゃん、と思いつつ。
2カ月弱、一桁の練習回数で、さてどうなることか。
お天気いいからがんばろっと。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

28/set/13

つくばへ

大好きなバイオリン弾きのオケ本番を聴きにつくばへ。
若いオケでした。
ヘングレ、サンサーンスのVnコンチェルト3番、シベ5。
金管がつらいのかなー?と思いきや!
アンコールのフィンランディアにもっていかれました。
やるぅー。
フィンランディアの音が、このオケの音だな、と。
違うことに挑戦すべくのヘングレだったそうだけど、
まんまでいいのに、と他人事ながら思ったのでした。
遠かったけど、刺激もらった!

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

20/lug/13

雨に唄えば

シネオケ「雨に唄えば」を東京文化会館にて。

映画をオケの生演奏で観る、というもの。
「雨に唄えば」はメインの歌は知っているものの、観たことがなかったし、それと生演奏って言われたら、行かないわけがないです。

ステージには、フルオケ(バンドも)とスクリーン。
不思議とスクリーンに集中できました。
字幕だったしね。
ぴったりのタイミングで音楽が入るので、まったく違和感なく。
むしろ、生の音で音楽を聴けるのは、心地が良かった。

オープニングにリタモレノの名前がちょろっと見えたのだけど、ゼルダ役だったのか。まだ駆け出しだったんだろうね、ウェストサイドの10年前だ。すごいなぁ。

それにしても、デビー・レイノルズはかわいいし、ジーン・ケリーがかっこよすぎた・・・。
タップも歌も素敵すぎる!!!!!
ちゃんと観たくなりました。
DVDゲットしよう。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

16/lug/13

うはー

うはー
本番たーのしかったぁーーー。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

15/lug/13

がんばった!

直前まで腕にアームカバーしてあっためて、本番がんばれました。
よかった。
痛いって思うこともなく、ちゃんと集中できた。
ほっ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

04/mag/13

ギター

初めて行ったラ・フォル・ジュルネ。
国際フォーラムのAホール、オケは大変だなぁと思った次第。
ギターの音はしっかり届くけど、低弦はやっぱり響きにくいのか、少しタイムラグがあるようで気になってしまった。・・・もしかするとそういう曲なのかもしれないけれど。
でも、村治さんはお綺麗でしたー。すてき。
ピアノもよかったです。アンコールが一番よかったかなぁ。ソレールのソナタでした。初めて聞いた、ソレール。
45分のところ、結局60分コースだったけれど、もっと聴いていたかったです。

ロドリーゴ:ある貴紳のための幻想曲
ファリャ:交響的印象「スペインの庭の夜」
村治佳織 (ギター)
ルイス・フェルナンド・ペレス (ピアノ)
シンフォニア・ヴァルソヴィア
ジャン=ジャック・カントロフ (指揮)

堪能したあとは渋谷でお豆腐。
おいしかった。楽しかった。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

22/gen/11

あらすじと4楽章祭り

本番終了。
なんか、すごい濃い一日でした。

新宿に8時半集合。
余裕を見て家を出たら、山手線がとまってるとの情報が。
…迂回。
思えばここからおかしかったのか。
でも、迂回せずに予定通りに行ってたら、完全遅刻してたな・・・危ない危ない。
ステリハは、本番を考えて少し抑え目で。
と思ってたのに、結構本気でやってしまい、疲労。
なんて言ってる暇もなく、お昼を詰め込みリポビタンFineを飲み本番へ。
リポを飲むと、手の痛みが少ない、ような気がすることが練習で分かったので、頑張る日には飲むことにしてる。おまじないです。
いざ本番。
前半はベートーベンの1・3・5をダイジェストで。
何度か事故りましたが・・・ごめんなさい。。
なんか、あれだね、衣装って影響が大きいのかも、なんて思った。
いつもは黒黒or白黒のところ、今回は黄色ワンピ。
色を入れただけでみんなのテンションも違った気がする。
気のせいかもしれないけど。
黒はやっぱり落ち着く気がする。
で、休憩して、後半。
ブラームスの1~4番の4楽章だけを。
こちらは問題なし。
あとはアンコール。
ブラームスのピアノ四重奏曲第1番の4楽章をちょっと短くして。
最後の最後にトラブル発生。
・・・ソロの直前で、A線が・・・ゆるんだ・・・。
カツンッって言ってゆるみました。後ろにも聞こえたらしい。
練習でももちろん本番でも、一度も緩んだり切れたりしたことなかったのに、本番のソロ前で緩むって。
幸い、切れてはいなかったから、すぐ直せたけどー。
あせりました。
無事、ソロも大丈夫だったし最後まで弾けたからよかったけど。
ビオラさん、ありがとう。
終演後には久しぶりの再会もあり、会いたい人に会えなかったりもしたけれど、力をもらえて、また頑張ろうって思えました。
打ち上げは微妙な感じではあったけどそこは次回の改善に期待。

長い一日でした。
たくさんの人に支えられて、今回も本番できました。
ありがとうございました。
また次に向けて、がんばれるかな。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

11/gen/11

演奏会初め

久しぶりに紀尾井ホールに!
ぎりぎり間に合いました~。
ピアソラを生で聴いたのは初めてでした。
やってみたい・・・死にそうだけど・・・。
バルトークは、そういえばこの前、合宿でやった曲。
指揮者さんのことを思い出した。
あの時は初見でよくやったなぁ・・・。
いい夜でした。

オーケストラ・アンサンブル金沢 ニューイヤー2011
Vn:マイケル・ダウス
指揮:井上道義

ピアソラ:ブエノスアイレスの四季
シュトラウスⅡ:喜歌劇「こうもり」序曲
バルトーク: ルーマニア民族舞曲
リスト:メフィスト・ワルツ 第1番
ヨハン&ヨゼフ・シュトラウス : ピッツィカート・ポルカ
レハール:喜歌劇「パガニーニ」第1幕よりカプリッチョ
レハール:ワルツ「金と銀」

新春にふさわしい、豪華なプログラムでした!

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧